ログイン

23
4月

PENTAX SP モルト張替えと電池

Written by チキチキ. No comments Posted in: Camera
Tagged with
Posted Date : 2017-04-23

カメラのフィルムは感光しない様に、カメラ内はきちんと遮光しないといけません。
手にしたPENTAX SPにも中古のフィルムカメラにありがちな「モルトの劣化」が有ります。

ミラー室のモルトの劣化

溝の部分のモルトを取り除きます

モルトは裏蓋の隙間やファインダー側から光が漏れないように遮蔽するシーリングの役目です
カメラ屋さんで張替えを行ってくれるそうですが、高いので自分で張り替えてみます。
まず、シンナーで劣化してるモルトを、爪楊枝や綿棒を使って取り除きます。
(千枚通しとか金属はカメラに傷が入るので止めましょう)
モルトはヨドバシ.comで820円で売ってます。

2mm厚の糊付きモルト

また、モルトの代わりになりそうな素材を100均でみつけました。
ダイソーの「車内の小物の滑り止めシート」が使えそうです。

100均の滑り止めシート

ミラー室・本体側の裏蓋合わせ目・蝶番部分にモルトを貼り付けて、

ミラー室も張り替え

貼り替えてみました

蝶番の所も貼替え

安全の為に裏蓋の上下・蓋を止める部分に滑り止めシートを貼りました。

裏蓋には滑り止めシートを貼りました

これでフィルム室を遮光する事が出来ました。

PENTAX SPには露出計が付いており、コレを駆動する電池が必要ですが、
指定は水銀電池H-Bですが、現在は生産されていません。
代替にLR41のボタン電池を使うのですが電池室に合わないので、
アダプターとか売ってますがちょっと高いので、パッキンを探してきて代用しました。

LR41をパッキンで固定

電池を入れて、シャッター速度をBにして、サイドの露出計スイッチを上げて
ファインダー内右側のメーターが下に振れればOKです。
(逆に振れたら電池の+ーが反対です)
どこまで正確に露出計が動いているかは解りませんが、とりあえず動きました。
よし、準備は出来ました、早速試し撮りに出掛けてみたいと思います。

Similar Posts:


[Print here click]

0 Responses


Protected Image