ログイン

Posted Date : 2020-06-13

#ザクⅠスナイパー
#ガンプラ
HGUC ザクⅠスナイパータイプ(ヨンムカークス機)

6年前にふらふら~と模型屋に入って、気付いたら買ってた積みプラです。
相変わらずストーリーは分かりませんが、ザクなので作ろうと思って買ったみたいです。
パーツ点数はHGでは普通じゃないでしょうか?
仮組みしましたが、以外に合わせ目が目立つので
後ハメ加工が必要な部分が有りますねぇ~….これが面倒くさいのよ

ヨンム・カークスって誰よ?

ニッパは切れ味が良くないとね

パーツ量は普通でしょう

スナイパースタイルがかっこいい

ニッパも新調し、陸戦仕様なので、少し汚しを入れてみようと思い
タミヤのウェザリングマスターを買ってみました。

陸戦スタイルが似合いますね

どんな汚し塗装をしようか?楽しみです

次は、継目消しと後ハメ加工の作業を行います。

Posted Date : 2020-06-07

#ギラ・ズール
#ガンプラ
HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様)

完成しました。
やっぱり、ドイツ軍みたいない感じとエングレービングがかっこいいですね。
武器も豊富で、全て装着できるのもいいです。
今回は特に失敗する事もなく、スムーズに製作出来ました。

 

Posted Date : 2020-05-31

#ギラ・ズール
#ガンプラ
HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様)

エングレービングが綺麗に出ました

ギラ・ズールの胸・袖・襟のエングレービングは
下地にラッカーの白を塗って、エナメルの黒を重ね塗って
凸部分をライターオイルで拭き取ると綺麗に浮かび上がります。

エナメルは乾燥が遅く食い付きも悪いですね

エナメルは、ほぼ1:1で希釈してエアブラシで吹きました。

拭き取りにはジッポーオイルを使います

ライターオイルを使うのは、タミヤの溶剤だとプラスチックを侵して
割ってしいそうだからです。(ライターオイルでも付け過ぎると割れますけどね)

ジッポーオイルは着け過ぎ無い様に

綿棒にライターオイルを着け過ぎず慎重に凸部分をなぞります。

慎重に拭き取って行きます

次はスミ入れして、トップコード作業です。

Posted Date : 2020-05-26

#ギラ・ズール
#ガンプラ
HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様)

ギラ・ズールの特徴でもある白いラインをマスキングで塗り終えました。
塗装色はオリジナルで少し濃い目の緑にしてみました。

綺麗なラインが出ました

マスキングには付属の白いシールを使いました。

マスキングには付属シールを使いました

エアブラシでタレない様に塗りました

塗り漏れはタッチアップします

少し塗り漏れした部分はタッチアップで処理します。
次はスミ入れ作業です。

Posted Date : 2020-05-17

#ギラ・ズール
#ガンプラ
HGUC ギラ・ズール(親衛隊仕様)

ギラ・ズール袖付きの特徴は各部の白いラインだと思います。
キットではシールが添付されてますが、ここは塗装で行きたいと思います。
塗装の基本は「薄い色の上に濃い色を塗る」です。
本体色塗装後に白ラインを塗ると、白ラインがくすみそうなので
白色を塗ってマスキングして本体色を塗って白ラインを残したいと思います。
まずは、白ラインが有る部品を塗りますが
白ラインが無いけど同色の本体色を塗るパーツも白色を塗らないと
本体色を上塗りした時に色が変わるので、白ラインが有るパーツ以外も
白色を塗ります。
また、本体色の発色を良くする意味も有りますけどね。

対象のパーツに白を塗りました

白色を塗る箇所には円形の部分も有ります。
円形のマスキングを作る為には、パンチングコンパスが便利です。
マスキングシートからパンチコンパスで円形のマスキングを切り出しました。

パンチコンパスは便利です

マスキングテープから円形を切り出します

また、円形意外のラインやエングレービングの部分は
キット付属のシールはマスキングテープとして代用します。

付属シールはマスキングテープ代わりに

はぁ~…..肩が凝る作業でした。
次は本体色の塗装です。

Protected Image