ログイン

02
2月
Posted Date : 2011-02-02

前回の状態にもう一度プラサフを吹いて#1000で磨いたら、
思いのほか仕上がったので、カウルの下地処理を終りとする。

プラサフを吹いて#1000で磨く前

#1000で磨いた後(写真では違いが解らないかな?)

次は、下地塗装として白色のスプレー塗装を行います。
まだまだ、先は長い。

Similar Posts:


[Print here click]

0 Responses


Protected Image