Ni80のクラプトンワイヤーを探してみると意外に少なくて、お手頃な
VANDY VAPEのSuper Fine MTL Fused Clapton Wire(Ni80)を買ってみました。

アマゾンでも売ってますが、
ぬるしぐ。さんが安かったので

Super Fine MTL Fused Clapton Wire (Ni80)

VANDY VAPEのワイヤーは、スプールの外周が写真の様になっているので、
ワイヤーの無駄が出なくて良いですね。
(他のメーカーも真似して欲しい)

無駄が出にくい

芯線にNi80の30Gを2本使い、32Gを巻きつけてあります。

バラすとこんな感じ

目を凝らして良く見ると、フラットっぽくなってます。

良く見るとフラットっぽい

この微妙なフラット感(楕円?)が、このワイヤーが扱い辛い要因の一つです。
コイリングジグで、なんにも考えないで巻くと、グチャグチャになります。

崩れますね

コイリングジグを使わず、指先で平面を意識しながら丁寧に手巻きをしないと
綺麗に仕上がってくれませんし、性能も出てくれません。

フラット面を巻くと綺麗になります

また、もう一つの扱い辛い要因は、Ni80って事で、結構柔らかい。
アトマへのセッティングやコットンを通す時に型崩れしやすいですね。
手慣れた人じゃないとイライラするかもしれませんね。

DeadRabbitに巻いてみました

抵抗値は、3mm径・8巻で1.0Ω付近が出てきます。

3mm径・8巻・デュアルで0.54Ω

MTLに最適って謳ってますが、特に気にする事は無いと思います。
フツーのクラプトンワイヤーと思って使えば良いのですが、
扱い辛い2点を面倒くさいと思うなら買わない方が良いです。
それを克服すれば、美味しいミストを味わえるワイヤーです。

Similar Posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published.