AvocadoのGenesisビルド

Avocadoの正規名称は「Geekvape Avocado Genesis RTA」 HPでもThe easiest rebuilding Genesis structure tankって言ってますが、 Genesisビルドした人が少なく参考になるページも有りませんでした。 ならば、Genesisビルドに挑戦してみます。 Genesisの作り方は↓ココが一番わかり易いかな。 まずはジュースホールのサイズを経って、リキッドが漏れない程度の芯のサイズを決めます。 ジュースホールは2.5mmでしたので、2.5mmよりちょっと小さめの芯を作りたいと思います。 まずは、U字型でシングルビルドしてみます。 高さを決めるためにU字に曲げて、ステンレスワイヤー長さを決めます。 ステンレスワイヤーは機械油を使って編んでますので、 ガスコンロ等で真っ赤になるまで焼入れして、綺麗な状態にします。 ステンレスワイヤーに巻くステンレスメッシュは絶縁体の役目とリキッド保持する役目も有ります。 ステンレスメッシュを巻くために、U字型のワイヤーを一旦伸ばして、ステンレスメッシュを巻きます。 ステンレスメッシュを巻きつけた芯を再びU字型に曲げます。 出来上がった芯にコイルを巻きつけてセッティングしますが、 コレがなかなか難しくてコイルが型崩れしてしまいます。 出来上がったんですが、めっちゃブサイクです。 とりあえず吸ってみると….吸えてリキッドの供給も大丈夫でしたが、あまりにもブサイクですね。 2個目を作り直したんですが、今度は供給も不安定だしMOD側の認識が不安定でした。 次に、コの字型で作ってみたんですが、供給が少なくイガるビルドになってしまいました。 多分、ステンレスワイヤーに角度が付き過ぎて、リキッドが浸透してないと思われます。 コイルの形が綺麗にならないと抵抗値も安定しませんし、均一に熱が入りません。 また、ステンレスワイヤーの角度が付き過ぎると、リキッドが供給されません。 この2つの課題をクリアする方法が無いか考えた結果、 最後に行き着いたのが、くの字型のデュアルビルドでした。 コイルを斜めに配置する形になりますが、ステンレスワイヤーの角度も浅く、 セッテイングの際にコイルの形が崩れる事もありません。 Avocadoには4つのジュースホールが有るので、デュアルにして2つのホールを使いましたが、 残り2つのホールがガラ空きで、これではリキッドがダダ漏れしてしまいます。 今まで買ったRDAやRTAのスペアパーツの中にぴったりハマるシリコンが有りました。 中空だったので、これもスペアパーツのイモネジを仕込んだ栓を作りました。 コレで残り2つの穴を塞ぐ事が出来ました。 ちょうどいいパーツが無かったら、プラ棒かグルーガンでも自作しても良いかも。 但し、何らかの熱対策を考える必要が有るかもしれません。 クラプトンを巻いたので立ち上がりは遅いですが、 iStick Picoのプレヒート機能を使えば、20Wでも運用出来てます。 0.11Ωの低抵抗なのに供給不足のイガリもなく快調です。 さすがGenesisですね、クリアな味わいが出てます。 煙量もシングルビルドのコットンと変わらない煙量です。 Genesisの欠点は漏れです。 横にすると、どうしてもステンレスワイヤーとジュースホールの隙間から漏れます。 持ち歩くとすれば垂直に持たないといけませんので、多分宅内運用になるでしょう。 でも、人に見せると「おおっ!」っと言ってくれる事は間違いないでしょう。 【追記】 クラプトンワイヤーのデュアルでは、燃費も悪く、抵抗値が安定しないし、立ち上がりも悪いので シングルにしました。 シングルだとPicoも素直に反応し煙量も変わらず(笑) 10Wでも十分楽しめたので、これで運用します。

WISMEC SINUOUS P80

今後、主流になりつつある24mm・25mmアトマに対応する為にテクニカルMOD本体を探していました。 条件としては……. ・コンパクトである事 ・派手じゃない事 ・温度管理機能が有る事 ・18650電池交換が出来る事 いろいろ物色してBOX型でも良かったんだけど、 チューブタイプのWISMEC SINUOUS P80を見つけました。 (シュニアスって読むらしいです) ○スペック Size: 33.5*28.5*125.0mm Weight: 157.5g E-liquid Capacity: 2ml Thread Type: 510 spring loaded thread Cell Type: high-rate 18650 cell (discharging current should be above 25A) Output Mode: VW/Bypass/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS/TCR mode Output Wattage: 1-80W Resistance Range: 0.05-1.5ohm for TC modes 0.1-3.5ohm for VW/Bypass mode Temperature Range: 100-315°C/200-600˚F (TC modes) Maximum Charging Current: 2A Output Voltage Range: 0.5-8V (WISMECのHPより) 今時の温度管理テクニカルMODの機能は一通り揃ってますし、プレヒート機能も付いてます。 80Wとか使う事は無さそうですが、2Aの急速充電もいいですね。 弱点を上げるならば……. ・特長でも有るステルススイッチがコキコキする。 ・指紋が残りやすい。 ・LEDに青色が無い。 なんと言っても25mmのアトマが載るコンパクトテクニカルMODがいいですね。 なによりもカッコイイと思いますよ。

Geekvape Avocado Genesis RTA

iStcik Picoに載せる為にはどうしても22mmのAvocadoが欲しかったのです。 オフィスエッジさんにたまたま入荷した物が有って、早速ポチりました。 先日買ったWotofo Serpent RDTAに比べると角張った感じです。 スペアパーツも充実しており、長持ちしそうです。 大事な分解洗浄ですが、ほぼバラバラになり綺麗に洗浄出来そうです。 毎回ですが、必ず熱湯消毒をして、ビルドします。 シングルビルドのクラプトンを2.5mm径で8巻で0.93Ωでした。 コットンでビルドしてみましたが、煙量は十分ですし、味もしっかり出てます。 弱点を上げるならば……. ・シングルビルド前提なのか、デュアル運用だとリキチャ出来ない謎の仕様。  24mm・Special Editonだとリキチャ用のホールが有り、改良された様です。 ・エアフローもサイドフローですがエアフローリングが硬い。 やはり、後発のWotofo Serpent RDTAに比べれば見劣りしますね。 それを除けばコスパいいアトマイザーじゃないでしょうか。 肝心の漏れですが、エアホールを全閉にして、手荒に持ち運ばなければ無さそうです。

飽和メンソール液

VAPEリキッドの自作でメントールが欲しくて、以前はハッカ油を使ってましたが どうしてもサロンパス臭くて、キレも良くないメンソールになっていました。 もっとキレの良いスッキリしたメンソールが作れないかググッてみると 「飽和メンソール液」と言う自作法が有りましたので、早速やってみました。 準備するのは、 ・メントールクリスタル ・PG(プロピレングリコール) ・ガラス容器(メンソールはプラスチックを腐食しますのでガラス容器がベスト) これだけです。 メントールクリスタルは湯煎すると溶けますが、常温に戻ると再結晶化してしまうので PGで溶かし再結晶化を防ぐのだそうです。 メントールクリスタルはAmazonとかでも売ってますが、100gとか多過ぎるし、 失敗したら大量に残ってしまうので、20gのヤツを↓ココで買ってみました。 PGは定番のリッチパウダーさんから購入 ①ガラス容器に目一杯メンソールクリスタルを詰め込む ②PGを注ぐ ③放置 放置してると結晶が溶けます。 全部溶けきったらクリスタルを追加してみてください。 一部溶けきらずに少し残れば飽和状態まで溶けたサインです。 では、早速リキッドに入れて吸ってみましょう。 【注意】 ・原液は絶対に吸わないで下さい。死にます! ・目に入ったらすぐ洗って下さい。危ないです! すはぁ〜!!スッキリ〜!! ハッカ油みたいなサロンパス臭もなく、スッキリしたメンソールが出来上がりました。 もっと足してみましょう……….うへぇ〜!!喉痛ぇ〜!!鼻痛ぇ〜!!涙目〜!! 一度に大量に入れないで、少しづつたして好みのスッキリ感を出してみてください。