常用してるKENDO VAPE COTTON GOLD EDITIONが無くなりかけてるので
「たまには違うコットン使ってみようかなぁ〜」って興味本位で色々探してたら
TITANIUM FIBER COTTONってのが目を引いたの使ってみました。
購入はもちろんPromist Vaporさん


Promist Vaporさんの商品紹介には、
吸水性、耐久性が共に優れており、リキッド供給速度抜群の100%インドネシア産オーガニックコットンです。
ミストを吸った時のコットン臭はまったくなく、ビルド後初っ端から思い通りのフレーバーをお楽しみいただく事ができます。
本製品は1本の長さが平均60cm強あります。太さはコイル径や詰め具合にもよりますが、2~3回分の量が取れるボリュームです。
これが2本渦を巻き、ツールファンの心をくすぐるオシャレな丸缶に2層になって収納されていますので、
カバンの中で潰れることを心配せずにお持ち運びいただけます!
質感はふわふわで弾力があり、ウィッキングも楽々。
抵抗値低めでコイル内径に対して少し多めに詰めたい時もチタニウムファイバーコットンなら
ストレスの少ないウィッキングが可能です。
この使用感、是非ご体感ください。
(Promist Vaporさんの商品紹介ページより引用)
と書かれていて、なにやらとっても良さげです。
コットンは、丸い缶にトグロを巻いて入ってます。
内容量は60cm×2本なのでKENDO GOLDとほぼ同じですが、KENDO GOLDの方が少し太めなので、
トータル量はKENDO GOLDが多いのでしょう。

ちょっとお高いコットンです
缶に渦巻いて入ってます

色は真っ白で漂白?されてる?のかな?
KENDO GOLDと比べると、色白でふわふわしていて、質感も滑らかです。
KENDO GOLDと比べると繊維一本一本が細く密度も低めです。

色白でふわふわ
上がTITANIUM FIBER・下がKENDO GOLD

吸水速度の実験をしてみます。
VG70:PG30の透明リキッドにインクで色を点け
同じくらいのコットン量で比較してみましょう……

浸して5秒後
浸して15秒後

TITANIUM FIBERはリキッドに浸けたそばから、ぐんぐん吸って行きます。
当然KENDO GOLDは微動だにしませんw
KENDO GOLDが吸わない事は誰でも知ってる事なので、吸水速度の比較対象が間違ってますね。

KENDO GOLDをリキッドに浸け込んで染み込ませ引き上げて見ると、
KENDO GOLDの方はボタボタになってて保持量は多そうです。

左がKENDO GOLD・右がTITANIUM FIBER

RDAにセットしてみます。
どちらも繊維が縦方向に揃っているので通し易いのですが、
縦方向の引っ張りは、TITANIUM FIBERの方が強いですね。
これは、繊維一本一本が長いのと、細い繊維が多く集合しているからだと思います。

どちらも繊維が揃ってます

次に、熱への耐久性を確認してみました。
コイル:フラットクラプトン・0.11Ω
出力:50W
時間:MODの10秒プロテクト×6(約60秒連続)
リキッド:VG70:PG30(無香料)

保持力はKENDOかな
0.11Ω・50W・10秒×6回

結果としてどちらも焦げる事は有りませんでした。

焦げてませんでした

最後に味ですが、無香料のリキッド(いわゆる素グリ)でもコットン臭はまったく感じませんでした。
KENDO GOLDでも1回保持分吸えば消えるのですが、TITANIUM FIBERは一発目から臭いがしません。
それともう一つ、リキッドの味が違います。
なぜ味が変わるのか?原理が分かりませんが、クリアに感じます。
私の舌が馬鹿なのか?と疑問に思い、他のレビュアーさんの記事を見ても
味がクリアになった・輪郭がハッキリした等、感じられているので、
私の舌が馬鹿じゃなくてホッとしました。

DeadRabbitにふかふか

商品紹介通りの性能が出てます。
特に吸水速度が早いので、BF運用に向いてるんじゃないでしょうか。
保持量はKENDO GOLDが優っている様なので、
・普通のRDAにはKENDO GOLD
・BFのRDAにはTITANIUM FIBRE
と使い分けると良いかもしれませんね。
お値段的には、
KENDO GOLD : 780円(アマゾン)
TITANIUM FIBER : 1080円(送料+180円)
とちょっとお高めですが、値段の差は出てると思います。

Similar Posts:

One thought on “TITANIUM FIBER COTTON”

Leave a Reply

Your email address will not be published.