Wotofo NUDGE RDA 24

機能とか性能とか味とか全然考えなくて、 ただ、このカラーリングを再現したくて買いました。 箱は特に変わりなく 付属品は相変わらずWOTOFOさんの黒い謎の袋に、 ドライバー・換えネジ・Oリング・BFピン・510ドリップチップアダプタ・コットン それと、問題のプリメイドコイルが3個 コイツを選んだのはこのブルーが欲しくて選びました。 人気YouTubeチャンネル、Suck My Modとのコラボレーションらしく、ロゴも入ってます。 キャプの素材は薄いアルミで、とても軽いです。 ドリップチップは標準が810で510のアダプタも付いてます。 形状は若干すり鉢型です、これが味に何の影響を与えているのか分かりません。 キャップの内側は、今時は標準なドーム状の絞り込みです。 ドームからドリップチップが飛び出る事も無く、綺麗なドーム形状をしています。 デッキはデュアルコイル前提の様な構造です。 エアはボトムフローです。 エアコントロールはトップキャップを回すのですが、 1/2まで絞れますが、それ以上回すと、フロー穴横のデッキ空間が見えてしまう、笑える仕様。 多分、全開以外は考えて無いのでしょう。 当然、シングルビルド時の一つ穴フローは出来ません。 ポジティブピンは、比較的出っ張っているので、ハイブリッド接続も大丈夫でしょう。 BFピンも付属しています。 早速ビルドしていきますが、問題はプリメイドコイルです。 フラットクラプトンコイルが3個付いてますが、明らかに低抵抗なコイルです。 コレをデュアルで組んだら、想像通り0.11Ωの超低抵抗です。 経験者前提で売ってるのなら分かりますが、初心者がいきなり組む抵抗値では有りません。 マニュアルに注意事項も書かれていません。 BFピン付きなので、シングルセルメカスコで使用するにはとっても危険です。 プリメイドで製品に付けるべきでは無いと思います。 (この点については、坂田師匠も怒ってます) 今回はデュアルセルスタックMOD(Teslacigs WYE 200W BOX MOD)前提なんでコレを使いましたが、 メカスコでは絶対使わない方がいいです。 吸ってみた感想ですが、 ・可もなく不可もなく、普通です。 ・煙量は大量です。 弱点を上げるならば……. ・エアフローが絞れない。 ・プリメイドコイルは使うと危険。 かな。 それ以外を除けば普通なRDAです。 もう一度言います。 このカラーリングを再現したくて買いました。

Teslacigs WYE 200W BOX MOD

機能とか性能とか味とか全然考えなくて、 ただ、このカラーリングを再現したくて買いました。 機能は多彩で、ざっと並べると、 ・出力:7W~200W ・モード:KA(VW)/TC-SS316/TC-Ni200/TC-Ti/TCR/M1/M2/M3 ・抵抗値:0.1-3.0Ω(VW時) / 0.05-1.0Ω(TC時) ・温度管理範囲:100-300℃/200-600°F ・カーブモード ・プレヒート機能 ・10秒カットオフ ・低電圧保護 ・アトマイザー短絡保護 ・電池逆差し保護 ・出力自動調整機能 ・チップ過加熱保護 サイズと重さは、 ・サイズ:W82mm × H42mm × D39mm ・バッテリー:18650バッテリー × 2 ・重量:64.5g デザインは、ペンキが飛び散った様なスプラッタ模様 カラバリも豊富ですが、模様は共通ですね。 とてもポップな感じで、カジュアルに使うのでしょう。 ボディ横にTESLACIGSのロゴが彫って有りますが、主張し過ぎずいい感じです。 スレッドは510で、ポジティブはスプリング式の自動調整です。 全面サイドに放熱のスレッドがデザインも兼ねて空いてます。 Fireボタンは大きく、調整ボタンも扱いやすい大きさです。 素材はポリカーボネートとABS樹脂で出来ているので、とにかく軽いです。 バッテリーを除いて64.5gです。 電池は18650を2本直列に配置する、いわゆるスタック型です。 使用する電池は、同じ型の同じ時期に使用した物を入れ、電池が偏らない様にして下さい。 今回の為に、新品を2本購入しました。 充電する時は2本組で充電し、使用もバラさないで使用しましょう。 マニュアルには「discharge current should be above 35A」と書かれており、 35A以上の電池を使えと書いてましたが、SONY VCT5A(30A)で使ってますが、問題ない様です。 WOTOFO NUDGE 24mmを載せましたが、はみ出す事はありません。 25mmだとギリギリかもです。 もう一度言います。 このカラーリングを再現したくて買いました。