Hellvape Dead Rabbit RDA

噂のDead Rabbitを買ってみました。 まぁ、スコンカーMOD買ったんで、それに合わせて買ったんですけどね。 ドリップチップの色は選べないそうで、何色が入っているかはお楽しみ…… 今回は、私の好きな緑色が入っていて、ラッキーでした。 付属のドリップチップはワイドボアの黒と510ドリップチップアダプタが付いてます。 トップキャップの内部はドーム型に形成されているので、エアの吸い上げはスムーズですね。 エアフロー穴は斜めに切ってあり、上から吹き下ろす感じです。 全開でもスカスカにはなりませんが、味が少し飛び気味になるので、半開くらいが良いですね。 ポールは絶縁体を含み、全てバラバラになり、徹底洗浄できますね。 一見ポストレスですが、下に隙間が有るので余分なコイルの足を切る事が出来ます。 BFピンはデッキ底面とフラットなので、余分なリキッドはボトルに戻ってくれるのがいいですね。 コイル位置が高いので必然的にコットンが長くなりますので、コットンを選びますね。 このRDAでスコンク運用するには吸収力が早いコットンが必要ですね。 吸ってみた感想ですが、 ・エアフロー全開でもスカスカにならず適度なドローです。 ・煙量も十分出ますし、味も出てます。 弱点を上げるならば……. ・コイル位置が高いのでスコンク運用ではコットンを選ぶ。 かな、 確かに人気なんですが、そこまで?と言う感じです。 多分、見た目とネーミングじゃないのかな? 24mmでデッキも広いし、色んなビルドが出来そうなので ビルド次第では違う面が見えてくるのかも知れませんね。

VANDY VAPE ICON RDA

最近は24mm径のRDAが出始めて、デッキの広さにより、ビルドの自由度が増し、 クラプトンワイヤーも多種多様になりコイルアートとか言うジャンルも現れました。 実際に24mmになると、22mmとどう違うのか? 実感する為に、VANDY VAPE ICON RDAを買ってみました。 ○スペック Length: 23.5mm Diameter: 24mm Capacity: 1.5ml ・Innovative Build Deck,Easy Coil Installation ・Hedge Airflow Holes,Speeds Up Air Delivery and Improves Flavor ・Utilizes Popular Delrin Wide bore Drip Tip ・Squonk Pin Included ・4 Spare Philips Screws (VANDY VAPEのHPより) ・革新的なビルドデッキ、簡単なコイル設置 ・ヘッジエアフローホール、エアーデリバリーのスピードアップ、フレーバー改善 ・人気のDelrinワイドボアドリップチップを活用 ・Squonkピンが含まれています ・4スペアフィリップスネジ だそうで、確かに変わったデッキ構造です。 Squonkピン(BFピン)が付属してる所がポイントですね。 購入はいつものVAPECHKさんからです。 付属品は一般的なスペアパーツですが、Squonkピン(BFピン)が付属してるのがポイント高いです。 ドリップチップもワイドボア(810?)2種類と510ドリップチップアダプタが付属してます。 構造としては一般的な3ピース構造ですがちょっと変わったポールレイアウトです。 写真は有りませんが、トップの内側はドーム型形状となってます。 特徴的なポールレイアウトでも分る様にコイルはポールの上ではなく横にレイアウトする事になります。 ポールの穴も大きいので、大概のクラプトンワイヤーはビルド出来るでしょうね。 ジュースウェルが異常に深く、左右の境も無いので、コットンがひたひたになって保持力は高いでしょう。 ウェルと言うよりタンクと呼べる程キャパがありそうです。 コイルをデュアルでビルドする時、片方をセットして、もう片方をセットしようとすると 余分な足が相手方に当たるのでカットするのですが、これが切り辛く 相手方を持ち上げる等のちょっとした工夫が必要です。 とりあえず、フラットフューズクラプトンをデュアルでビルドしてみましたが ちょっと低抵抗になりすぎました。 ここまで下げるとメカニカルMODでは怖いのでテクニカルMODで試してみます。 吸ってみた感想ですが、 ・エアフロー全開でもスカスカにならず適度なドローです。 ・煙量も十分出ますし、味も出てます。 ・多分ビルドを工夫すればもっと味が濃く出てくれるでしょう。 弱点を上げるならば……. ・エアフローが意外に五月蝿い、ふぉ〜ふぉ〜って鳴きます。 ・ビルド時のコイルの余分を切り辛い。 かな。 それ以外を除けば優秀なRDAだと思います。 初心者から上級者まで楽しめそうなRDAだと思います。

AvocadoのGenesisビルド

Avocadoの正規名称は「Geekvape Avocado Genesis RTA」 HPでもThe easiest rebuilding Genesis structure tankって言ってますが、 Genesisビルドした人が少なく参考になるページも有りませんでした。 ならば、Genesisビルドに挑戦してみます。 Genesisの作り方は↓ココが一番わかり易いかな。 まずはジュースホールのサイズを経って、リキッドが漏れない程度の芯のサイズを決めます。 ジュースホールは2.5mmでしたので、2.5mmよりちょっと小さめの芯を作りたいと思います。 まずは、U字型でシングルビルドしてみます。 高さを決めるためにU字に曲げて、ステンレスワイヤー長さを決めます。 ステンレスワイヤーは機械油を使って編んでますので、 ガスコンロ等で真っ赤になるまで焼入れして、綺麗な状態にします。 ステンレスワイヤーに巻くステンレスメッシュは絶縁体の役目とリキッド保持する役目も有ります。 ステンレスメッシュを巻くために、U字型のワイヤーを一旦伸ばして、ステンレスメッシュを巻きます。 ステンレスメッシュを巻きつけた芯を再びU字型に曲げます。 出来上がった芯にコイルを巻きつけてセッティングしますが、 コレがなかなか難しくてコイルが型崩れしてしまいます。 出来上がったんですが、めっちゃブサイクです。 とりあえず吸ってみると….吸えてリキッドの供給も大丈夫でしたが、あまりにもブサイクですね。 2個目を作り直したんですが、今度は供給も不安定だしMOD側の認識が不安定でした。 次に、コの字型で作ってみたんですが、供給が少なくイガるビルドになってしまいました。 多分、ステンレスワイヤーに角度が付き過ぎて、リキッドが浸透してないと思われます。 コイルの形が綺麗にならないと抵抗値も安定しませんし、均一に熱が入りません。 また、ステンレスワイヤーの角度が付き過ぎると、リキッドが供給されません。 この2つの課題をクリアする方法が無いか考えた結果、 最後に行き着いたのが、くの字型のデュアルビルドでした。 コイルを斜めに配置する形になりますが、ステンレスワイヤーの角度も浅く、 セッテイングの際にコイルの形が崩れる事もありません。 Avocadoには4つのジュースホールが有るので、デュアルにして2つのホールを使いましたが、 残り2つのホールがガラ空きで、これではリキッドがダダ漏れしてしまいます。 今まで買ったRDAやRTAのスペアパーツの中にぴったりハマるシリコンが有りました。 中空だったので、これもスペアパーツのイモネジを仕込んだ栓を作りました。 コレで残り2つの穴を塞ぐ事が出来ました。 ちょうどいいパーツが無かったら、プラ棒かグルーガンでも自作しても良いかも。 但し、何らかの熱対策を考える必要が有るかもしれません。 クラプトンを巻いたので立ち上がりは遅いですが、 iStick Picoのプレヒート機能を使えば、20Wでも運用出来てます。 0.11Ωの低抵抗なのに供給不足のイガリもなく快調です。 さすがGenesisですね、クリアな味わいが出てます。 煙量もシングルビルドのコットンと変わらない煙量です。 Genesisの欠点は漏れです。 横にすると、どうしてもステンレスワイヤーとジュースホールの隙間から漏れます。 持ち歩くとすれば垂直に持たないといけませんので、多分宅内運用になるでしょう。 でも、人に見せると「おおっ!」っと言ってくれる事は間違いないでしょう。 【追記】 クラプトンワイヤーのデュアルでは、燃費も悪く、抵抗値が安定しないし、立ち上がりも悪いので シングルにしました。 シングルだとPicoも素直に反応し煙量も変わらず(笑) 10Wでも十分楽しめたので、これで運用します。

Geekvape Avocado Genesis RTA

iStcik Picoに載せる為にはどうしても22mmのAvocadoが欲しかったのです。 オフィスエッジさんにたまたま入荷した物が有って、早速ポチりました。 先日買ったWotofo Serpent RDTAに比べると角張った感じです。 スペアパーツも充実しており、長持ちしそうです。 大事な分解洗浄ですが、ほぼバラバラになり綺麗に洗浄出来そうです。 毎回ですが、必ず熱湯消毒をして、ビルドします。 シングルビルドのクラプトンを2.5mm径で8巻で0.93Ωでした。 コットンでビルドしてみましたが、煙量は十分ですし、味もしっかり出てます。 弱点を上げるならば……. ・シングルビルド前提なのか、デュアル運用だとリキチャ出来ない謎の仕様。  24mm・Special Editonだとリキチャ用のホールが有り、改良された様です。 ・エアフローもサイドフローですがエアフローリングが硬い。 やはり、後発のWotofo Serpent RDTAに比べれば見劣りしますね。 それを除けばコスパいいアトマイザーじゃないでしょうか。 肝心の漏れですが、エアホールを全閉にして、手荒に持ち運ばなければ無さそうです。

Wotofo Serpent RDTA

iQOSを買ったのが今年(2017年)の1月末で、そろそろ1年が経ち、 一時期、ハマってた電子タバコも放置状態でした。 (最近はiQOS・PlumeTech・Glo等が電子タバコと呼ばれる様になり、 私が言う所の電子タバコは「VAPE」と言うやつなので、 今後は電子タバコと呼ばずに「VAPE」と呼ぶ事にする。) ところで!最近!何故か?もやもや?とVAPEが気になりだして、復活する事にしました。 と言っても、iQOSを辞める気はサラサラ有りません。 (1箱500円超えたら辞めるかも知れんけど) しばらくVAPEから遠ざかっていたせいで、最近のトレンドを探る事から始め、 昨今は「RTA/RDTA」・「BF」・「26650」・「24/25㎜径」がキーワードの様です。 一昨年(2015年)月頃に、Sigelei Moonshot RTA 去年(2016年)6月頃に、Hastur RDTA by Cthulhu Mod を買ったんですが、 Hasturはデカイしリキチャが面倒なので常用には至らず、 もっぱらMoonshotを常用していました。 しかし、Moonshotはウィッキングが神経質で、リキチャでお漏らしをしてました。 って事で「RTA/RDTA」で物色してみると、GeekVape Avocado Genesis RTAが人気らしく 国内は軒並み品切れ、海外でもSOLD OUT状態の様です。 (AvocadoはRTAなのか?RDTAなのか?なんか統一されてないみたい) また、最近は24/25mm径が流行っているらしいんだけど、私のMODは全て22㎜径なんで 必然的に22㎜径を探す事になって、Wotofo Serpent RDTAってのがいいらしい…. こちらも品切れが多く、やっとEco-Izmさんに在りました! ってか信頼できるお店からしか買わんけどね。 (FastTechはバクチみたいなもんやけどね) って事で早速注文!金曜日にポチって、入金して、土曜日に着く! まるでAmazon並みに早いEco-Izmさん、とっても信頼してます。 部品点数は少ない方じゃないかな? 付属の黒い袋が3つ、「Comp Wire」って書いて有るので、 「Wotofo…どんだけClapton Wire推しだよw」って思ってたら、 クラプトンワイヤー2個・私なら絶対使わないコットン・スペアパーツでした。 何処のメーカーから買ってもやるのですが「熱湯洗浄」は欠かせません。 海外製ですから、切削油や屑や油脂や、その他もろもろが付着してそうなので大事です。 シングルコイル専用でしょうか?デッキも広くアクセスし易い構造なので、ビルドは簡単です。 KangerのSUBTANKのRBAをデュアルで組む難しさに比べれば、デュアルでも組めそうです。 付属のクラプトンワイヤーは0.5Ω程度です。 問題は、コットンの長さですね。 タンクは下で、デッキは上ですから、リキッドを下から吸い上げる事になりますが、 コットンがタンク内に見えるのはカッコ悪いけど、短かったら吸上げるのか? って事が気になりますが、結果的にはタンクのガラスの上程度で大丈夫です。 VAPEを吸う時って、大体、斜めに持って口に付けますよね? 逆に、真上に立てて吸う人見た事無いよね? この斜めにする事によって、リキッドがコットンに触れて吸上げてくれるんですね~ 肝心の味と煙量ですが、申し分無いと思います、一般的なRDAと同じくらいに 味も良ければ、煙もそれなりに出ます。(爆煙だけど狂煙ではない) リキチャも簡単で漏れも無さそう。 弱点を上げるならば……. ・エアフローがヒューヒュー五月蝿い(シュゴーじゃなくてヒューね) ・唇とコイルの位置が近いのでビッグボアだと熱い(デッキが下ならチムニーで冷えるのよ) くらいで、コスパいい買い物じゃないでしょうかね。 Avocadoが手に入らない代替えと思ったら、こやつですね! ってかAvocadoよりイイかも?ってかAvocado持って無いけど……多分買うだろうけど….