Hellvape DROP DEAD RDA

前々から気にはなっていたんですが、ハロウィンセールでRDAがセール品だったので即買いです。 Hellvape DROP DEAD RDA 購入はいつもお世話になってるVAPE CHKさんです。 1980円でセール売りされてて、私がラスイチだった様です。 当然、DeadRabbitは持ってるので、DROP DEADを買う意味が有るのか?疑問も有りますが、 ネットのレビューでは「使い勝手が改善されてる」との事なので、やっぱり買いました。 サイズは ・直径:24mm ・高さ:25mm ・重さ:約40g ・スレッド:510 付属品は、 ・DROP DEAD RDA本体&レジン製810ドリップチップ ×1 ・810ドリップチップ(半透明) ×1 ・510ドリップチップアダプタ ×1 ・交換パーツ類 ×1 ・ユーザーマニュアル、ステッカー ×1 交換パーツ類は、 ・BFピン ×1 ・Oリング(デッキ外周・ドリップチップ受け口) ×1 ・イモネジ(コイル固定用) ×4 ・六角レンチ ×1 ・+-ドライバー ×各1 1セット分の交換パーツが入ってます。 外観はDeadRabbitとほぼ同じで、構造も同じく、デッキ・スリーブ・キャップの 3ピース構造に810のドリップチップが標準で乗ってます。 ブルーメタリックでは、ウサギのロゴが目立ちませんでした。 トップキャップの内部は、最近では一般的になったドーム型に形成されています。 底面は、特に特長は有りません。 このRDAはYouTuber The Vapor Chronicles とHELLVAPEのコラボですよって書いてあります。 ポジティブピンの出代は十分なので、ハイブリット接続も大丈夫でしょう。 ピン周りのピーク材の絶縁も少し出張ってます。 デッキはDeadRabbitのコンセプトを継承しつつ改善点が多いです。 ポストレスっぽい構造はDeadRabbitと同じだけど、 コイルの足が切りやすい様に下面が斜めになってます。 コイルを刺す穴は丸から楕円になっていて、フラットのクラプトンにも対応。 ウェルはDeadRabbitに比べるとかなり深くなってます。 BFピンがデッキの底から出っ張っているので、ジュースの逆戻りが少なくなりました。 DeadRabbitはフラットだったのでジュースがボトルに戻ってました。 デッキの縁に突起が有って、スリーブ側の切り欠きと組合せで、スリーブがくるくる回らなくなってます。 スリーブとキャップにも変化が有ります。 エアフローはDeadRabbitと同じトップエアフローですが、 スリーブの穴は楕円から小さい穴を並べて、フローの調整を細かくしたんだと思います。 ドリップチップの底面に金属のリングが付いてますが、 多分、飾り以外の機能は無いと思います。 DeadRabbitとDROP DEADを並べたので、見比べてみて下さい。 外観は似ていますが、構造がけっこう変った事が分かります。 まず、デュアル前提でシングルビルドのエアフローは有りません。 トップキャップが短くなったのは何の恩恵が有るののだろう? ウェルが深くなり、かつポストが内側から外側に移動して、ウェルの容積が増えました。 外観形状は、あまり変わりませんね。 デッキのコイル穴がフラット組め!って主張してるので、 SS316L・フラットクラプトン・3mm径・5巻・デュアル・0.12Ωをビルドしてみました。 先にも説明しましたが、コイルの足が切りやすくなってます。 DeadRabbitと同様に、コイル位置が高くなりコットンは長めになるので、 吸水が早いコットンを使った方が良いと思います。 ちなみに、TITANIUM FIBER COTTONを使いました。 低抵抗なので、テクニカルMOD TESLA WYE 200W を60Wで吸ってみます。 リキッドはHoly Juice LabのFABULOUSです。 すぅ〜〜〜〜….ぼあぁぁ〜〜〜〜….うん!美味い! 吸ってみた感想ですが、 ・エアフロー全開でもスカスカにはならず、2/3開くらいが吸い心地が良いと思う。 ・煙量も申し分なく、味もしっかり出てます。 DeadRabbitの後継と言う事で、コンセプトを継承しつつ、構造を変えたにも関わらず、 味の出方はDeadRabbitと同じです。 後継と言うより、VerUpと言うべきでしょう。 安くて、使いやすくて、味も出る、優秀なRDAだと思います。 既にDeadRabbitを持ってても買って損は無いし、 DeadRabbitを買わずにDROP DEADを買っても、何の後悔も無いと思います。 ブルーメタリックでちょっと不安だったので、 手持ちのMODと組合せてみました。 WYE 200W以外は、ちっと違和感が…….. 24mmのチューブじゃないけど、SSのチューブでも違和感なさそう。

VANDY VAPE ICONIC RDA

ヒマそ〜にネットを徘徊していたら、前から気になってたRDAがセール品だったので即買いです。 VANDY VAPE ICONIC RDA 購入はいつもお世話になってるVAPE CHKさんです。 4980円を80%OFFの996円で叩き売られてて、私がラスイチだった様です。 サイズは ・直径:24mm ・高さ:25mm ・重さ:約40g ・スレッド:510 付属品は、 ・ICONIC RDA本体&レジン製810ドリップチップ ×1 ・デルリン製810ドリップチップ(黒) ×1 ・810ドリップチップ(半透明) ×1 ・510ドリップチップアダプタ ×1 ・交換パーツ類 ×1 ・ユーザーマニュアル、クオリティーチェックカード ×1 交換パーツ類は、 ・BFピン ×1 ・Oリング(デッキ外周・ドリップチップ受け口・ポスト固定ネジ用) ×1 ・イモネジ(コイル固定用) ×2 ・コイル止クランプ用バネ ×2 ・六角レンチ ×2種 ・+ドライバー ×1 1セット分の交換パーツが入ってます。 外観はシンプルで、構造はデッキとキャップの2ピース構造に810のドリップチップが標準で乗ってます。 特長的なエアフローの為のエアホールがなんかカワイイです。 トップキャップの内部は、最近では一般的になったドーム型に形成されています。 底面は、特に特長は有りませんが、ポールを止めるネジが有ります。 このRDAは、YouTuberのMike Vapeとのコラボレーションなので、Mikeのロゴが入ってます。 ポジティブピンの出代は十分なので、ハイブリット接続も大丈夫でしょう。 また、デッキ固定ネジは2重ネジになっているのでボジティブピンの調整が出来る様になってます。 このRDAの売りは、特長あるエアフローで、ボトム&サイドフローの2重フローです。 下の2つの丸い穴から突き出た竹槍みたいなパイプでボトムフロー 横長の切り欠きは斜めにカットされていて、上向きにサイドフロー こんないっぱいフローするって事は、爆煙を狙ってるって事でしょうね。 ポストは一体に見えますが2ポールポストでポール間にPEEKインシュレータが挟んであります。 コイル固定はクランプ型の部品でネジで押さえ込みます。 このクランプにはバネが仕込まれておりネジを緩めると上がってきます。 ウェルが深く6mmも有り、ちょっとしたタンク並で、リキッドをたっぷり溜めてくれます。 分解すると殆どの部品がバラけるので洗浄も丁寧に出来ますが、 クランプ内のバネは小さ過ぎて失くしてしまいそうです。 爆煙系RDAと言う事で、SS316L・フラットクラプトン・3mm径・6巻・デュアル・0.17Ωをビルドしてみました。 片方のコイル入れて足の長さを調整して一旦外して、 もう片方のコイルを入れて足の長さを調整して、 最後に両方差し込んでネジを絞めます。 やはりデュアルのセッティングはポストレスの方が簡単でいいですね。 ウェルが深いのでコットンは多めに入れてみました。 低抵抗なので、テクニカルMOD TESLA WYE 200W を60Wで吸ってみます。 リキッドはJAM MONSTER(Strawberry)です。 すぅ〜〜〜〜….ぼあぁぁ〜〜〜〜….ん?んん〜〜?…. 吸ってみた感想ですが、 ・エアフロー全開はスカスカで、2/3開くらいが吸い心地が良いと思う。 ・十分過ぎるくらい爆煙ですが、味がイマイチ出てません。 ・60Wでは本体が熱くなるのが早い。 味が出ないのは抵抗値が低すぎたのかな?と思って カンタルA1・クラプトン・2.5mm径・8巻・デュアル・0.39Ωとか Ni80・フューズドクラプトン・3.0mm径・9巻・デュアル・0.74Ωもビルドしてみました。 う〜ん…..やっぱり味が出きってません。 JAM MONSTER(Strawberry)のジャム感が薄れています。 やはり爆煙系RDAなのかな?味には期待はしない方が良いと思います。 特長有るフローの恩恵は、味より煙量に寄与してるんですかねぇ? ネットのレビューも少なく、996円で叩き売られていた理由が何となくわかりました。

Wotofo NUDGE RDA 24

機能とか性能とか味とか全然考えなくて、 ただ、このカラーリングを再現したくて買いました。 箱は特に変わりなく 付属品は相変わらずWOTOFOさんの黒い謎の袋に、 ドライバー・換えネジ・Oリング・BFピン・510ドリップチップアダプタ・コットン それと、問題のプリメイドコイルが3個 コイツを選んだのはこのブルーが欲しくて選びました。 人気YouTubeチャンネル、Suck My Modとのコラボレーションらしく、ロゴも入ってます。 キャプの素材は薄いアルミで、とても軽いです。 ドリップチップは標準が810で510のアダプタも付いてます。 形状は若干すり鉢型です、これが味に何の影響を与えているのか分かりません。 キャップの内側は、今時は標準なドーム状の絞り込みです。 ドームからドリップチップが飛び出る事も無く、綺麗なドーム形状をしています。 デッキはデュアルコイル前提の様な構造です。 エアはボトムフローです。 エアコントロールはトップキャップを回すのですが、 1/2まで絞れますが、それ以上回すと、フロー穴横のデッキ空間が見えてしまう、笑える仕様。 多分、全開以外は考えて無いのでしょう。 当然、シングルビルド時の一つ穴フローは出来ません。 ポジティブピンは、比較的出っ張っているので、ハイブリッド接続も大丈夫でしょう。 BFピンも付属しています。 早速ビルドしていきますが、問題はプリメイドコイルです。 フラットクラプトンコイルが3個付いてますが、明らかに低抵抗なコイルです。 コレをデュアルで組んだら、想像通り0.11Ωの超低抵抗です。 経験者前提で売ってるのなら分かりますが、初心者がいきなり組む抵抗値では有りません。 マニュアルに注意事項も書かれていません。 BFピン付きなので、シングルセルメカスコで使用するにはとっても危険です。 プリメイドで製品に付けるべきでは無いと思います。 (この点については、坂田師匠も怒ってます) 今回はデュアルセルスタックMOD(Teslacigs WYE 200W BOX MOD)前提なんでコレを使いましたが、 メカスコでは絶対使わない方がいいです。 吸ってみた感想ですが、 ・可もなく不可もなく、普通です。 ・煙量は大量です。 弱点を上げるならば……. ・エアフローが絞れない。 ・プリメイドコイルは使うと危険。 かな。 それ以外を除けば普通なRDAです。 もう一度言います。 このカラーリングを再現したくて買いました。

GAS MODS G.R.1 RDA

相変わらず物欲が抑えられず、またポチってしまいました。 日本ユーザーのレビューが少なく、少々不安だったのですが 物欲には勝てず買っちゃいました。 購入は、最近から世話になっているhookersさんからです。 hookahsさんはゆうメール・パケットだから送料無料 普通郵便と同じ日数ですが、同じ福岡県内なので到着が早いです。 箱のデザインはシンプルでした。 スクラッチシールが貼って有り、正規品の確認が出来ました。 やっぱり、スクラッチシール付いてると、 HADALYみたいに正規品?クローン?みたいな騒動にはならないと思います。 (HADALYの場合はメーカーからして品質管理がなってないけどね) 付属品は、結構入ってますね Oリング・六角レンチ×2・ポジティブピン(本体にBFピン) イモネジ×2・ネガティブポール留ネジ・エアフローアダプタ Oリングの黒いのはデッキ用とドリップチップ用なんですが 白いのは?と思ったら、エアフローアダプタ用でした。 スペアのOリングを、こんなに沢山入れるって事は弱いって事か? まずは、外観から……… 上に向かって段々に絞る形状はNIXON RTDAに似てます。 ドリップチップは510ですがショートなので、 全体的に背が低いですね。(デッキからドリップチップまで21mm) パーツ構成は通常では2ピースです。 トップキャップの材質はウルテム? プラスチック感満載で落としたら割れそうです。 トップキャップの内側は半分ドーム状の絞込です。 裏面にはロゴ・シリアルナンバー・六角ネジのネガティブ側ポール留具が見えます。 これといって特長はありませんね。 ポジティブピンは、ポジティブ側のポールの留め具になってるので ポジティブピンの調整は出来ません。 BFピンでも通常ピンでも、出しろはあまり大きく無いので、 ハイブリッド接続は無理かも知れません。 (安全を考えれば辞めといた方がいいでしょう) デッキは…… シングルビルド前提の構造で、材質はアルミ?塗装?マットなアルミ感です。 加工精度も良く、品質としては良好です。 特徴は、両サイドから伸びたエアフローです。 標準ではブタの鼻みたいなエアフローが付いてますが、 交換部品で全開のパーツも付いてます。 エアはこのパーツにより、コイル下45度の角度で当たる様になってます。 ウエルも深く、エアフローの位置は高いので、 BFでリキチャして溢れる事は無いと思いますが、 上からドリップしたら、エアフローに垂れて漏れるかも知れません。 ポールの間隔は広いので、コイルビルドの自由度は良いと思います。 留め具部分の幅が許せば、フラットクラプトンでも組めるでしょう。 では、ビルドしてみます…… あまり深く考えず、 カンタルクラプトン24G+38G・2.5mm径・8ラップで0.58Ωが出来ました。 デッキの両端に凹みが有って、コイル治具の棒を載せると、 コイル位置がピタッと決まる親切設計です。 但し、コイルをポール入れる時は、イモネジを取らないと入りません。 イモネジを無くさない様に注意が必要です。 BF運用を意識して、コットンは少し長めでデッキに這わせました。 コイル位置が割りと低いので、供給が追いつかない事は無いでしょう。 Dead Rabbitの様にコイル位置が高いと、 BF運用では、供給速度が早いコットンを選ぶ必要が有りますね。 では、吸ってみます…… リキッドはNinjaMANです。 すぅ~~~~……ぼわぁぁぁ~~……う~~~~ん…… メカスコンクMODなので、18650・35A・3.7V 煙は沢山出て、味は普通に美味しいですが、濃いって感じでは無いです。 ドローは、エアフロー全開でもスカスカではなく、軽い感じです。 エアフローアダプタをブタの鼻から大きい方に替えてみますが、 若干、煙量が増えて、ドローが軽くなりましたが、味の違いは分かりませんでした。 吸ってみた感想ですが、 ・まぁ普通だね。 ・エアフローの特徴は活かせてると思う。 弱点を上げるならば……. ・シングルビルド前提なら、もっと味が出てもいいんじゃね? 前にも言いましたが、電子タバコって、味が重要なファクターなんですが、 見た目も重要なファクターだと思うんですよねぇ~ ショートサイズなので、色んなMODに合わせやすいんじゃないでしょうか? トップキャップ・ドリップチップもカラバリが出てるので、 お手持ちのMODに色を合わせる楽しみも有りますね。

AmerPoint Necter Micro-steel RDA

今更と言うか、やっとと言うべきか?Necter Micro-steel RDAを買いました。 ユーザー評価が高く、スタイルも良いと言う事で、ちょっとお高いけど、思い切って買いました。 良く考えると、安いアトマイザーを2・3個ポチるの我慢すれば買えるんですよね〜 購入は、いつもお世話になっているVAPECHKさんからです。 ケースではなく、ポーチで、緩衝材に包まれて入ってました。 付属品はOリングと六角レンチだけの最小限です。 まずは、外観から……… カッコイイ!!    It’s CooooooL!! エンジンシリンダーみたいなスタイル・22mmで背が低い・いい具合のシルバーポリッシュ どれも私のツボにピッタリです。 パーツ構成は通常では2ピースです。 デッキ下に1.6mlのタンクが有りますが、分解はメーカー非推奨なので、僕はしません。 どうしても分解したければ、分解した人のネットを参照して自己責任でね。 洗浄する時は、お湯に浸けて、ブローして、無水エタノールに浸けて乾かせば良いでしょう。 トップキャップは段付きの絞込みですが、昨今はドーム型が一般的で、むしろ古い構造です。 この段付きに結露したジュースが溜まって、キャップを開ける時に「ぴゃっ」ってなります。 裏面にはロゴ・シリアルナンバー・六角ネジのネガティブ側ポール留具が見えます。 これといって特長はありませんね。 ポジティブピンの調整は出来ません。 ポジティブピンは、デッキとタンク部を繋いでいるので、緩めるとリキッドが漏れます。 なので、ハイブリッド接続はNGでしょう。 また、ポジティブ調整が効かないMODでも使えないと思います。 デッキは…… 中央に通称「ブタの鼻」のエア吹出し口。 左右にコットンホールとリキッドチャージ用の3つの穴が空いてますが、 リキッドチャージのエア抜き穴が無いのも古い構造ですね。 (対応作は後述しときます) 2ポールのネジ締めなので、シングルビルの細いワイヤー前提ですね。 クラプトンとかは無理ですし、なによりアトマの目的が違います。 エアホールは片側一箇所だけで、ココから中央のブタの鼻にエアが供給されます。 エアが通る道とタンク部は独立してますので、エアホールから漏れる事は有りません。 エアホールを囲む様に菱型の切り欠きが入っていて、これがエアコントロールです。 一見頼り無さそうですが、結構効くんです。 では、ビルドしてみます…… 高抵抗値でビルドするのが美味しいとの事なので、 カンタル26G・2mm径・8ラップで0.76Ωが出来ました。 電タバ貴族坂田師匠お薦めのビルドを参考に、コイルを下向きに付けて、 高さはポールの先端と同じくらいまで上げて、エアホールとの距離を取ります。 コトンの片方だけをタンク内に垂らし、もう一方はデッキの上に乗せます。 両方のコットンホールを塞がないので、リキッドチャージの時のエア抜きになります。 爆煙を目的としてないので、片方だけでも供給は追いついて来ます。 では、吸ってみます…… リキッドはKoiKoi月光です。 すぅ〜〜〜〜……ぷはぁ〜〜〜〜……うめぇ〜〜〜〜!! やっぱ評判通りです。 煙量は控えめですが味は濃いです。 カンタル26G・2mm径・0.76Ωでは、メカニカルだと18350・10.5A・3.7V、 テクニカルだとVWで15W程度が、供給不足もなく美味しく吸えました。 吸ってみた感想ですが、 ・高抵抗値&ドロー重めで、まったりとMTLで吸うのがいい。 ・煙量は少ないですが、味は濃くて、とても美味しい。 ・構造的に漏れる事が無い。 弱点を上げるならば……. ・タンクなのにリキッドチャージの利便性が低い。 ・タンクの中が外から見えないので残量が分からない。 (RDA使い慣れてるなら味の変化で分かるけどね) ・結露したジュースが溜まって、キャップを開ける時にピャッってなる。 かな、 やはり一時代前の製品ですから、利便性が低いのは否めません。 構造的には、昨今のマスプロのアトマの方が断然優れていますが、 私が体験したアトマの中では、味の良さ・スタイルを上回るアトマは有りません。 (ハイエンド機とか持ってないから分かんないです) 電子タバコって、味が重要なファクターなんですが、 見た目も重要なファクターだと思うんですよねぇ〜 私の持っているお気に入りMODのMAGNETOⅢとのフィッテイングがハンパ無いです。 (写真では分かりませんが、若干質感が違うんですが) 最初はKoiKoi月光で吸ってましたが、ニコ入りTRIBECAがめっちゃウマです。 (イマイチだったTRIBECAが、こんなに美味しいとは思わなかった)