爆煙改造【その3】

もっと抵抗値を下げれば煙が出るんじゃなかろうか? と言うことで、26gのツイストワイヤーを作り6巻のデュアルにしてみました。 ツイストワイヤーが太くなったので、センターポールの穴が通らなくなりました。 センターポールの穴をヤスリで拡張して太いワイヤーが通るように改造しました。 【注釈】 ワイヤーのゲージ数は小さくなる程、抵抗値が低くなります。 ツイストワイヤー(ワイヤーを撚る)にすると、もっと抵抗値は低くなります。 抵抗値は0.19Ω! 18650電池・4.2V・20Aで試してみましょう。 バカみたいに煙が出る!! ミスト温度が高すぎて、ドリップチップ(吸い口)が熱い! 18350電池・4.2V・10Aでも十分煙が出ます。 味は完全に飛んでしまってます。 これ以上抵抗値を下げると危険なので止めときます。 (電池の異常加熱・爆発が懸念されます)

爆煙改造【その2】

爆煙を求めて更なる改造をやってみました。 エアホールを3倍に拡張してみたら、ドローはスカスカです。 コイルは32gのカンタルを自作でツイストに撚って、デュアルコイルで6巻にしてみました。 オームテスターでは抵抗値は0.45Ωでしたが、 Clouper Mini MODでは0.4Ω以下を感知して動作しません。 メカMODで18650電池使用4.2V・電流20Aで試してみました。 おお!煙出る出る!!面白い! ミスト温度も高めで濃ゆく出ます! ニコチン入りリキッドでは噎せてしまうくらい濃いです! 相変わらず部屋が真っ白になってます…….   どれくらい濃いかって言うと…….

爆煙改造

味重視のRDAを買ったので、以前から持ってたIGO-W Plusを爆煙仕様に改造してみました。 まずはエアホールを拡大してドローを軽くします。 26gのカンタルで8巻のデュアルコイルで0.45Ωにして、 エアが通り易い?様にコイルを斜めに配置。 18650電池で電圧4.2V・電流20Aでやってみましょう。 おお!煙が出る出る!味は飛んでますけど、面白ぇ~!! 部屋が真っ白………  

Atlantis BVCの巻直し

意味が有るのか?無いのか?解りませんが、AtlantisのBVCを自作してみました。 現役を引退したコイルユニットを捨てずに中のコイルとウィックを交換してみます。 ポジティブピンを引抜き、さらにインスレーターを外せばコイルとウィックが取り出せます。 製品では内径3.5mmに8巻きで0.5Ωなので結構抵抗値低い物使ってる様ですね。 手持ちの26Gのカンタル線で1.0Ω近辺を狙いたいと思います。 とりあえず勘で9巻くらいして、一方の端を下へ伸ばします。 写真を撮っていませんが、上から下へ伸ばした線と巻いたコイルの間にコットンを入れて 接触しないようにしてください。 その後は下に伸ばした線も包むようにコットンを巻きます。 コットンを巻いたら、コイルケースに下から入れていきます。 インスレーターでポジティブとネガティブを内部と外部に振り分けてポジティブピンを押し込みます。 抵抗値を実測してみると2.2Ωと高すぎて全然吸えなかったので、 4巻減らして6巻にすると、1.3Ωとほぼ狙った所に近づきました。 さぁ実飲!   んん!意外に美味しいじゃん! 煙量は減りましたが味はしっかり出ています。 それで?何の得になるかって? んん……燃費の向上くらいかな? 皆さんは、素直に交換コイルを買った方がいいと思います。

色々買ってますなぁ~

電子タバコにハマって1ヶ月、物欲に駆られて色んな物を買っちゃいました。 ・Aspier Atlantis 人気のクリアロマイザーでRDA(リビルダブルドリッピングアトマイザー)に 負けない煙量を出してくれるアロマイザーです。 RDAみたいに自分でコイルを巻かずに手軽に爆煙を楽しむことが出来ます。 エアホールの調整で味重視にも爆煙重視にもコントロールできます。 タンク式なのでリキッドの補充が面倒くさくないし、 スターターキットかのらステップアップを考えてる方には最適化かと思います。 スターターキットのアロマイザーと比べると爆段に味も煙量も変わりますから、是非お試し下さい。 但し、0.5Ω(サブオーム)ですのでサブオーム対応バッテリじゃないと楽しめませんので注意してください。 (スターターキットのバッテリでは1.0Ω以下の場合、保護回路が働き通電しない事が多いです) ・SMOK RSST-C RTA(リビルダブルタンクアトマイザー)に分類されるGenesis式アトマイザーです。 Genesis式とはコットンウィックの代わりにステンレスメッシュを使用して、 コットン式の雑味を無くした味重視のアトマイザーです。 一般のGenesisアトマイザーは高価ですが、 安価にGenesis式アトマイザーを楽しむには最適かと思います。 確かに味もクリアだし煙量もそれなりに出てくれます。 コイルやウィックを自分でカスタマイズできますので、色々試してみると面白いと思います。 ・Clouper Mini Atlantisを使う為にサブオーム対応のバッテリとして購入しました。 小型ながらフル機能満載で、各種保護回路もしっかりしています。 VV/VW(可変電圧/可変電力)の切替が出来て、3.6V~7.0V/7W~30Wまで変更できますので、 昇圧・降圧する事で味や煙量や味を調整する事が出来ます。 バッテリは18650タイプのリチュウムマンガン(IMR)を使用します。 USB内臓なので充電器は必要ありませんが、バッテリは別売です。 ・KangerTech KBOX VWのみのバッテリMODです。 バッテリは18650タイプのリチュウムマンガン(IMR)を使用します。 USBは内蔵していないので、別途充電器が必要ですし、バッテリも別売です。 サイズ的にはClouper Miniに比べると少し大きいですが、グリップ感に違和感は有りませんね。 シンプルで使い勝手のいい物だと思います。 詳細についてはこちらをご覧ください。 ・その他 ステンレスワイヤー2.5mm ステンレスメッシュ#500 カンタルワイヤー26ゲージ KangerTechアップグレードコイル1.2Ω・0.8Ω Atlantis用5mlタンクパーツ