ログイン

30
12月

Williams FW08C【その6】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2018-12-30

塗装に入る前に一箇所気がついた
ボディの横にカウルを留めるファスナが数カ所打ってある、これは再現せねば
さっそく0.5mmリベットを打つ穴を開けました

カウルファスナが見えますね

リベットの穴開けました

タイヤは粗いし真ん中にパーティングラインが残ってるので
モーターツールにタイヤをハメ込んで回して、#600ペーパーを掛けて
ツールクリーナーで拭いて、表面を少し溶かすと綺麗な表面が出来上がりました

加工前のタイヤ

加工後のタイヤ

ボディ後端はグリーンで、キットではデカールで再現する様になってますが
塗り分けで行こうと思ってます
色はデカールに合わせる様に調合します
グリーンだと明るいので、ブルーを少しずつ加えてデカールのグリーンに合わせました
(写真の下がグリーン単色で上が完成色、グリーン:1 & ブルー:0.3)

デカールの色を再現します

まだまだ、やることいっぱい有るなぁ………

23
12月

Williams FW08C【その5】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2018-12-23

一度プラサフを吹いてパーツの凹凸や傷を確認します。
結構、至る所に凹凸や傷や隙間が有ります。

凹みが分りやすいですね

粗い所も分かります

グレーサフは分かりやすいです

パテで補修して、#600・#800のペーパーを掛けて、整えます。
ペーパーを掛けるので、当然プラサフは剥がれますが、
整え終わったら、もう一度プラサフを吹きますので、
思い切って全体を剥ぐ感じでペーパーを掛けます。

滑らかになりました

綺麗に整いました

整いました

カウルは整え終わったので。次は下地を塗ろうと思います。
パーツ類はすべてプラサフを吹いて、個々に塗装をしていきます。

パーツには全てプラサフを

サスも塗りました

まだまだ、先は長いけど、なんとか年内に終わらないかなぁ
…….無理だな……..

23
10月

Williams FW08C【その4】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2018-10-23

細かいパーツの切出しと整形が終わったので、仮組みして行きます。
全パーツを組むのでは無く、メインの骨格部分とプロポーションを
決定する部分だけで仮組みします。

リアサス周りは、パーツの合い悪く、削ったり切ったりして調整しながら組みます
組み上がったらアンダーパネルと組み合わせて、ボディを被せてみると
ほとんど見えなくなっちゃいましたw

組むのに2時間

アンダーパネルと組み合わせる

カウルで隠れてしまう悲し

パーツをボディに着けてタイヤを着けて、プロポーションを確認します
前後左右上下を見てみると……
左フロントウィングが捻れてるとか
右リアのタイヤが外に出過ぎとか
左リアのタイヤが傾いてるとか
色々確認して、塗装前にもう一度調整します。

全体的にどうかな?

左ウィングが撚れてる

車高と前後の傾きをチェック

右タイヤが外側に出てる

左リアタイヤが撚れてる

瞬間接着剤で仮組みしてるので、アセトンの風呂に漬け一旦バラします。

アセトンに浸けてバラす

作業中はこんな感じ

23
10月

Williams FW08C【その3】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2018-10-23

エッチングパーツやメタルのパーツを整形しています。

エッチングパーツはランナー部から全て切り出して、切り口を丁寧に削る作業をやってます。
(この作業が一番目にきます)
パーツは細かいので無くさない様に万年皿に分類しています。

小皿に整理しないと失くしてしまう

パーツが小さいからね

エキパイの先端は少しドリルで彫って中空に見える様にひと工夫です。

このままではちょっとねぇ

ひと工夫でそれっぽくなる

作業後は無くさない様にタッパーに入れて保管です。
次は仮組みですね〜…….あぁ目が疲れた…….

保管はタッパーで

03
10月

Williams FW08C【その2】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2018-10-03

進みは遅いけど、進めてます。
今回のキットは素性が良くて、モールドの潰れ、変形、凹み等も有りませんでした。

ノーズのバリも少ない方

底面の湯口も小さい

合わせ目に段差が見られる

肌もそんなに悪くない

Williams FW08C

モールドもそんなに潰れてない

全体的に作業がしやすく、苦になりません。

ヤスリ・ペーパー・リューターで作業

いい感じ

大して苦労しなかった

大きな凹みは無かった


カウルやアンダーパネルの終端が厚いので、
薄く見せるために終端を斜めに削ってエッジを立たせます
最終的には内側を黒く塗るので、カウルは薄くなった様に見えます。

アンダートレイが薄く見えます

パーツの合いも良かった

次は、仮組みですね。

Protected Image