ログイン

28
2月

すこし暖かくなりましたね

Written by チキチキ. No comments Posted in: Everyday
Posted Date : 2011-02-28

徐々に暖かくなり始めましたねぇ。
ページの配色を通常バージョンに戻しました。

28
2月
Posted Date : 2011-02-28

シンナー臭対策として購入した、安い空気清浄機だが、全然威力を発揮しない。
エアブラシを使って塗装すると、どうしてもシンナーを扱う量が増える。
(調合・希釈・吹付・洗浄)

カミサンから「廊下までシンナー臭い」とクレームが出たので、
週末は空気清浄機の改造と部屋のレイアウト変更をやってた。
ハンズマンからポリ板パイプを買ってきて空気清浄機の上方排気口に
ボックスを作ってパイプを壁のエアコン穴に取り付けて、
屋外に排気
する様にしたら…なんという事でしょう、

空気清浄機能付き換気扇に大変身!

上部排気口にボックスを自作しパイプと連結

壁のエアコン穴にパイプをつなげて屋外排気

追加装置として「ナノイー」で部屋のシンナー臭を分解してもらう。

吹き出す風が意外に冷たくて甘い香りがする

ナノイーを稼働させて部屋を閉切ると「何故かシンナー臭の様な甘い香りがする」
原因は機械が発生させる「オゾン臭」だ。
ネット上では「気になる人は気になる程度の微かな臭い」と書いて有ったが、
私は結構気になる。
部屋を閉めて一晩稼働させて、翌朝部屋を開けたら、甘い香りがしたので、
「シンナー臭を脱臭してない様に思えた」程の臭いでした。
部屋を開け放つとオゾン臭が消えて、シンナー臭も消えていましたので、
脱臭機能は大丈夫の様です。
プラズマクラスターを使っている方いませんか?甘い香りしますか?

24
2月

BGM

Written by チキチキ. 2 comments Posted in: Everyday
Posted Date : 2011-02-24

みなさんは、パソコンの前や部屋に居る時のBGMはどうしてます?
私は、根っからのながら族なので音楽が無いと落ち着きません。
ラジオ?CD?iPod?
私は、インターネットラジオ「SHOUTcast」を利用しています。
全世界のインターネットラジオ音楽チャンネルが載ってます。
ありとあらゆるジャンルの音楽が載ってますので、BGMには苦労しません。
・本を読むとき:交響曲やピアノソロやオペラ
・ネットするとき:クラシックロックやレゲエ
・模型を作るとき:スィングやアシッドジャズ
・お昼寝するとき:チルアウトやボサノバ

(聞く音楽にも節操が無いねぇ)
最近は、Bollywoodにハマってます。
ボリウッドとバカにするなかれ、ものすごく洗練された音楽ですよ。
西洋音楽にシタールやタブラを混ぜた独特な世界観が広がります。
インド恐るべし!!

24
2月

ちょっと頭をリフレッシュ

Written by チキチキ. No comments Posted in: Everyday
Tagged with
Posted Date : 2011-02-24

私の日本人探求の読書は続いているが、
そればっかりも飽きが来るので、経済と科学の本を借りてきました。

相変わらずジャンルに節操が無い

・「弥生人とまつり」石川日出志著
引き続き日本人探求の為の本です。
・「高校生からわかる「資本論」」池上彰著
資本論は難し過ぎるので池上さんに解りやすく解説してもらいます。
・「広い宇宙に地球人しか見当らない50の理由」スティーブン・ウェッブ著
フェルミのパラドックスについて論じた本で、
「広い宇宙に地球外生物が居る証拠が見つかってもよさそうなのに、
居るようには見えない」と言うパラドックスの事で、
科学好きでなければ何も面白くない本。

24
2月

ちょっと目的が外れた本

Written by チキチキ. 2 comments Posted in: Everyday
Tagged with
Posted Date : 2011-02-24

前回図書館から借りていた本
・「縄文人と「弥生人」 古人骨の事件簿」片山一道著
を読み終えたので感想を少々、

日本人の原点は何処に?

私の本来の目的である、
自然の有様を素直に受け入れ、自然とは「対立」せず「融和」する事を好み、
自然を論議の対象ではなく、愛でる(めでる)対象にする心は何処から生まれたのか?

に対する答えには、方向違いの本であった。
発掘現場の状況・骨の状態・死亡推定年齢・死因の分析で、
縄文・弥生時代の文化面での分析はされていなかった。
著者は
「渡来系弥生人説(弥生時代の人は大陸から渡って来たという説)」
を否定し
「弥生人は縄文人が生活環境の変化により身体的変化をした人々」
という自説を力説していた。
縄文時代は狩猟・採取・漁労中心の平和で「静の時代」であったが、
大陸から稲作が伝わった事により、劇的な変化がもたらされ、
集団・貧富・権力等が生まれた時代だった様である。

と言うことで、私の探求は続く。

Protected Image