ログイン

23
1月

中岳・星生山【青空白銀編】

Written by チキチキ. 4 comments Posted in: Trekking
Tagged with
Posted Date : 2011-01-23

【予定日時】1月22日 8:30 ~
【予定ルート】牧の戸峠 → 沓掛山 →  扇ヶ鼻分岐
→ 久住分れ → 御池 → 中岳 → (折り返して牧の戸峠)

今回もお師匠様toshiyanさんとアップルさんにご一緒させて頂き、
霧氷と白銀のくじゅうへと向かいました。
1月22日は天気予報で久々の「晴れ」の予報が出ていました。
一人でも何処かに行こうと思っていたのですが、
toshiyanさんから、くじゅうへのお誘いが有りましたので、即答で
ご一緒させて頂きました。

朝6時20分にtoshiyanさんにピックアップして頂き一路久住へ。

七折れの滝も氷瀑しています

涌蓋山に朝の月がぽっかり浮かんでました

◯牧の戸峠 8:50出発
牧の戸峠駐車場は既に満車状態!

無理して積雪の駐車場に入って来ないで!

雪の積もった駐車場に無理やり駐車しようとしてスタックする車で混乱状態です。
駐車しようとしてスタックしかかる車を助けたり、
わざわざtoshiyanさんの車を移動させたりして、
出発予定時刻が遅くなってしまいました。
このままココにいたら「駐車場係のオジサン」になってしまうので、
近くで苦戦する車を見捨てて出発です。

やっと出発しました

◯沓掛山 9:25着
積雪は良く解らないが、登山口からの階段が雪で埋もれて、
雪の坂道になっています。

気温-10℃の中を歩きます

途中に寒暖計があり、-10℃を示していますが、凍える寒さには感じません。
天気は快晴で、遠くの山々が近くに見渡せます。
(阿蘇山々から遠く国見山・由布・鶴見・湧蓋山等が近く感じられます)

阿蘇の山々を近くに感じます

由布岳・鶴見岳も快晴です

雪に耐えながら春を待ちます

景色が素晴らしいので中々進めません

青空と白銀のコントラストが絶景で、何処を撮っても絵になるので、
なかなか進めません。
(撮っても撮ってもキリがない状態です)

◯扇ヶ鼻分岐 10:10着
日が高くなって雲が出るかと心配しましたが、快晴が続き雲一つ有りません。
湧蓋山方向から雲が追って来る感じがしましたが、来ても雲の上です。
相変わらず途中で何度も止まっては、景色を堪能しながら登ります。

空の色がとても綺麗ですね

登山道を振り返れば涌蓋山

扇の鼻分岐

ここでしばし5分ほど休憩して出発です。

◯久住分れ 10:50着

星生山を左手に進みます

風の芸術品ですね

この下でいーさんとお会いしました

星生崎下で、アップルさんがいーさんを発見!
(山好きなら、こんな天気の良い日は誰だって行きますよね)
朝駆けで御来光と御池に行かれて牧の戸へ戻られるそうです。
(お寒い中の朝駆けご苦労様です)

日も高くなって顔が焼けてきました

トイレさえも雪と青空で絵になります

ここからの下山は禁止の様です

避難小屋広場に着いて5分程休憩して、中岳に向かって出発です。
相変わらず雲は無く「顔が焼ける」のが解ります。

◯御池 11:10着
途中、風の通り道なのか?風が強く体感気温が下がります。

風が通って寒い!

三股山を左手に御池へ進みます

御池は見事に凍結しており、氷上を渡る風が、
なお一層冷たく感じられ、鼻が取れそうです。

氷結した御池を渡る風は激寒!

表面はツルツル、御神渡りも出ていた

氷上を渡りますがビクともしません。
表面はツルツルで、一度腹ばいになったら、立ち上るのに一苦労です。
(遊んで水没したら、いい笑い者だね)

◯中岳 11:45着
寒い!風が強!体感気温がぐんぐん下がります。
写真撮ろうと立ち止まると風で煽られて、カメラがブレます。
中岳山頂はとにかく風が強くて寒い!

寒~~~~い!

しかし青空の下の360度大パノラマは絶景です!
カメラを持つ手が寒さで痛いけどこの絶景の為には我慢です。

中岳から阿蘇の山々を望む

寒くてもこの絶景の為なら我慢だ

言葉無し

これを見るために登って来たのだ

クリックすると、とっても大きくなります

岩陰を見つけて15分程食事休憩をして、御池方向に戻ります。
(寒いので昼飯食ったら、さっさと降りましょう)

◯御池 12:25着
来る時は恐々と池の端を歩いてましたが、戻る時は池の真ん中を歩きます。

ニュースに出てないかな?

NHKの取材が来て御池を撮ってました。
(重い機材を抱えて御池まで来るのは大変でしょうね)

◯久住分れ 12:50着
避難小屋広場に着いてしばし休憩です。
toshiyanさんが「星生縦走行ってみる?」と言うことで、
アップルさんとは別行動で避難小屋の後ろから星生縦走へGO!

キングギドラが現れました

ゴジラが後を追って来ました

ゴジラが火を吐きました

これから縦走する星生

◯星生山 13:45着
何度も雪に足を取られて息も上がって来ました。

避難小屋からの登りで息が上る

誰だか解んないです

星生の窓で記念撮影をして一路星生山頂へ向かいます。
最後の岩場はとってもデンジャー!
雪でイマイチ足元が不安で、手元足元を確認しながら慎重に登ります。
(高い所から下を見ると背中に悪寒が走る怖がり者です)

着きました!寒い!風で飛ばされそうです!でも爽快な達成感!

寒い!でも気分は上々!

記念撮影をしてさっさと降りましょう。
山頂から降る稜線は強風でハンパなく寒い!中岳山頂より寒い!寒い!寒い!
(ペットボトルの水が凍りました)

寒い上に、雪に足を取られて、もう泣きそうです。

着いた時にはホッとしました

◯沓掛山 15:00着
ちょっとバテ気味です。
(足に乳酸溜まってるのが実感できます)
途中で、10名以上のご年配の団体さんに会いましたが、
団体の中から先頭の人に「◯◯さ~ん、はや~い」と言う声がして、
ゆっくり休み休み降りられるのは良いけれど、あのペースで降りたら
日暮れまでに着くんだろうか?と心配しますが、
我々もバテ気味なので世話を焼くほど余裕は有りません。
(引率される方も大変そうです)
行きの時よりも足元の雪が掘れて、歩き辛くて疲れます。
(そろそろ膝も痛み始めました)
行きに-10℃だった寒暖計は-7℃までしか上がってませんでした。

◯牧の戸峠 15:25着
着いた~!
アップルさん、お待たせしましたぁ~!
さあさあ温泉に浸かって体を温めましょう。

【実日時】1月22日 8:50 ~ 15:25
【実ルート】牧の戸峠 → 沓掛山 →  扇ヶ鼻分岐
→ 久住分れ → 御池 → 中岳 → 御池
→ 久住分れ → 星生山 → 沓掛山 → 牧の戸峠

ほんと~~~に絶景の一日でした。

疲れましたが、達成感と感動が上回る山歩きでした。

今回は山歩きじゃなくて雪山登山だね。
帰りは「耕きちの湯」で体の芯まで温まりました。

400円で貸切状態

石けん以外何も無い、ドライヤーも無い

家に着いて鏡見たら雪焼けで顔がまっ赤でした
toshiyanさん・アップルさんご一緒させて頂き、ありがとうございました。
toshiyanさん毎回の長距離運転ほんと~にお疲れさまです。
また、ご一緒できる時を楽しみにしております。

気に入った写真をこちらに載せてます。

追記)
もう少し防寒対策を充実させないと、鼻が取れてしまいそうです。
あれ?雨男じゃなかったっけ?

Similar Posts:


[Print here click]

4 Responses

  1. 悟空の笑顔

    こんばんは^^
    寒かったようですね^^
    一度は凍った御池を歩いてみたいとは思ってます。
    防寒対策まだ不十分これでは娘を連れて行けません–;
    まだまだ長い山歩きゆっくり参りたいと思います^^
    またいつかご一緒出来ますように^^

    2011年1月24日 at 12:07 AM
    返信
  2. チキチキ

    悟空の笑顔さん おはようございます

    防寒と言っても、前回の雲仙の時とたいして変りませんよ。
    Tシャツ・ヒートテック・ネルシャツ・レインスーツだったですよ。
    顔が切れる様に冷たいので、鼻・口・頬まわりの対策すればいいと思います。
    耳は帽子で隠れるからOK、首まわりはマフラーでOKですよ。
    ただし、立ち止まったり、休憩すると手先・つま先がカジカんできます。
    (歩いていれば顔以外の寒さは感じません)
    来週も何処か雪山に行こうかと思案中です。
    (背振山系あたりが雪が多そう)

    悟空の体重では、風で飛ばされるかもねぇ~~
    (ぴゅ~~~…あれ?悟空がいない!!)

    2011年1月24日 at 9:28 AM
    返信
  3. そよかぜ

    晴天の日の雪の九重は言葉もいらないくらいにきれいですよね。
    居るだけで幸せな気分になります。
    が、寒いのも一緒だからねえ。
    これが辛いですよね。
    それに落とし穴も。
    2月になったら出かける予定ですが、それまで雪があるといいな。

    2011年1月24日 at 10:05 AM
    返信
  4. チキチキ

    そよかぜさん こんにちは

    「今年の冬は2月上旬までは例年より寒い」との事ですので、
    お出かけするなら、2月の早い時期が良いかと思います。
    でも、あの寒さと積雪量なら、しばらく雪が無くなる事はないと思います。
    晴天はなかなか望めないかも知れませんが、雪焼けにはご注意下さい。
    大切なお肌がボロボロになってしまいますからね。
    (唇がカサカサです)

    2011年1月24日 at 10:44 AM
    返信

Protected Image