ログイン

11
1月

雲仙普賢岳【霧氷堪能編】

Written by チキチキ. 6 comments Posted in: Trekking
Tagged with
Posted Date : 2011-01-11

【予定日時】1月10日 8:20 ~
【予定ルート】池の原園 → 仁田峠 →  紅葉茶屋
→ 普賢岳 → 妙見岳 → 仁田峠 → 池の原園

今回はお師匠様toshiyanさんの山仲間の方々とご一緒させて頂き、
雲仙普賢岳の霧氷「花ぼうろ」を見に行きました。
朝5時20分にtoshiyanさんにピックアップして頂き一路雲仙へ。

◯池の原園 8:10出発
池の原園に到着すると山仲間の方々総勢15名方々が各県からお集まりになっていて、
なんとも楽しい一日になりそうです。
アイゼンや防寒対策などの身支度を整え、皆さんとご挨拶をして、いざ出発です。
Rちゃんは前回の英彦山からバージョンアップして格好良かったぞ!

アイゼン付けるのって面倒ですよね

行く手は雪か?霧氷か?

◯仁田峠 8:45着
登り始めるとすぐに熱くなって、フリースが1枚余計だった事に後悔。
積雪はさほど無く、固く凍っていてアイゼン無しでは滑ります。
フリース脱いだりナンヤカヤやってる内に、皆さんから遅れを取りそうになります。
(登り始めって結構息上りますよね)
しかし、皆さんワイワイとおしゃべりをしながら余裕です。
(皆さん、やっぱ若い??なぁ)

みなさんワイワイと賑やかです

仁田峠は登山道路封鎖の為、人影も車も有りません。
「ロープウェイで昇ろうよ~」とか冗談など飛び交いますが、
ロープウェイは動いてませんよぉ~

(ロープウェイ使ったら登山とは言えないかも?)

人影も車も有りません

ロープウェイも止まってます

右回りか?左回りか?どちらにしようか?
相談の上「普賢岳はおさえましょう」と言うことで紅葉茶屋方向に向かいます。

◯紅葉茶屋 9:45着
途中の普賢神社仮拝殿に山行きの安全をお願いして進みます。
次第に積雪も増してきて、紅葉茶屋付近では20cmは超えていたと思います。
相変わらずワイワイと余裕の皆さん。
所々で真っ白で綺麗な風景を写真に収めて進みます。

なかなか趣きがありますねぇ

雪の山道は美しいですね

多分、妙見の稜線だと思いますが?

雑木林も雪化粧すると趣きが違いますね

あざみ谷と紅葉茶屋でしばし小休止して普賢岳を目指します。
ここからがいよいよ本番でしょう。

◯普賢岳 10:20着
積雪も増して、風も若干吹いて、雪もチラホラと出てきました。
しかし、霧氷の林と着雪した樹木で、とても綺麗です。

写真を撮っても撮っても撮りきれない程、美しい雪景色が続きます。

いい枝ぶりに綺麗な着雪ですね

白い芸術品に見えます

真っ白な世界を堪能します

山頂の気温は-7℃で風も強く、写真を撮ったらさっさと降ります。

でも、気温には負けない美しい景色が見れて本当に良かった!!

寒い!!

何かの動物に見えませんか(サイ?ライオン?)

◯紅葉茶屋 10:30着
寒い山頂を後に、登って来た道を戻ります。
紅葉茶屋でとっても早めの食事休憩です。
頂いた「おしるこ」がとっても暖かく甘くておいしかったです。
(いーさん、ありがとうございました)
でも、持参のおにぎりは冷たく固まってました。
20分程の食事休憩で次は国見・妙見方面へ向かいます。

◯妙見岳 11:35着
途中、国見別れの所で
「国見に行きます?」
「岩場も有るので今日は国見は止めましょう」

と言う事で、安全に妙見岳方面へ向かいました。
(安全第一です)

安全第一で行きましょう

妙見岳までの山道はとにかく「すばらしい」の言葉しか出ません。
何度も立ち止まり写真を撮りますが、撮り尽くせない。

美しすぎて言葉が無い

霧氷のトンネルを通ります

雪の中で必死に生きている

全てが真っ白で、何がなんだか解らず感動

妙見岳山頂からは真っ白で何も見えず、ただただ寒い。

無事に下山できる事をお願いします

さっさと下りましょう。

◯仁田峠 12:15着
ロープウェイの上の駅で集合写真を撮って下りました。

皆様お疲れさまでした~

(写真はtoshiyanさんから頂きました)

天気が良ければ遠くまで見えるらしい

みんな一斉にトイレタイムです

ここから皆さん下るのが早い!!!
私は膝に古傷が有るので、疲労が溜まると下りで膝が痛くなるのです。
(特に下りの石段なんか最悪(宝満の下りとかね))
登りは何とも無いのですが下りはカメになりたい。
雪合戦をしながら楽しんでる方々もいらして、皆さんパワフルだぁ!

皆さん早いよぉ~

無事に下山できました

◯池の原園 12:45着
途中、初めての方々とお話をしながら下るのですが、
朝より雪が積もって歩きやすくなってました。
(でも膝が時々痛いんです)
「去年は134回/年でも少ないんです」と言われる猛者(女性)には
驚きを越えてポカンとしてしまいました。

(いやぁ~年下の自分が恥ずかしい)

皆様お疲れさまでしたぁ~

【実日時】1月10日 8:20 ~ 12:45
【実ルート】池の原園 → 仁田峠 →  紅葉茶屋
→ 普賢岳 → 妙見岳 → 仁田峠 → 池の原園

ほんと~~に美しい一日でした。

また、大勢の方々とお知り合いになれてとても楽しかったです。

帰りには小地獄温泉と言うシブイ温泉でゆったりと温まりましたが、
温泉成分が濃いのでしょう、帰り着いても体から硫黄臭が残ってます。
家の風呂に入って洗っても体の硫黄臭は消えませんでした。

ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。
toshiyanさん毎回の長距離運転ほんとうにお疲れまです。
また、皆様とご一緒できる時を楽しみにしております。

気に入った写真をこちらに載せてます。

追記)
寒くて丸まっているより、外に出て美しい景色を堪能する事が
何よりも体に良い事だと実感しました。

Similar Posts:


[Print here click]

6 Responses

  1. 悟空の笑顔

    こんばんは^^
    詳しい説明案内があって嬉しいです。
    私は勘で覚えるタイプなので^^;
    今度は機会があったら逆回りして国見にも行ってみたいです。
    私も右ひざが弱いので下りは嫌でしたね^^;
    また別の山でご一緒しましょうね^^/
    ありがとうございました。

    2011年1月11日 at 7:31 PM
    返信
  2. gothmog

    悟空の笑顔さんこんばんは

    >詳しい説明案内があって嬉しいです。
    同じ山に行く人の参考になればと記録しています。
    最初は時計を見てメモしてましたが、
    今は、目標物を通過した時や休憩の前後で写真を撮って、
    後で写真の時間を見て編集してます。
    (GPSとか高級な物買えない)

    こちらこそ、またご一緒させてください。

    2011年1月11日 at 8:56 PM
    返信
  3. そよかぜ

    遠路はるばるおいでくださって、まことにありがとうございました。
    お天気はよくありませんでしたが、
    花ぼうろをたっぷり見ることができて良かったです。
    それに寒くなかったし~
    でも今度は青空のときにおいでくださいね。
    それはそれはきれいです。
    私もRちゃんと一緒でチキチキさんかな~
    では また~

    2011年1月12日 at 11:37 AM
    返信
  4. gothmog

    そよかぜさん こんにちは

    先日はお疲れさまでした。
    ご案内頂きまして、ありがとうございました。

    私のブログを見つけて頂いてありがとうございます。
    最近までコメントをする人も少なく、細々とやっておりましたが、
    少しは賑やかになった様な気がします。
    また、ご一緒できる時を楽しみにしております。

    やっぱり、gothmogって不評だなぁ…

    2011年1月12日 at 12:33 PM
    返信
  5. かず

    こばんは。雲仙初めてご一緒できて楽しかったです。
    聞けば出身が私の住む隣町だと知って親しみが湧きました(^^)
    雲仙の花ぼうろ美しかったですね。
    賑やかに歩くのも楽しかったです。
    下山は後ろから雪を投げられていたので駆け足で下りましたが、私も右膝に古傷を持っていて、駐車場近くでは痛み出して辛かったです。
    この年になると無理はいけませんね(笑)
    またご一緒できる日を楽しみにしています。

    はい。私もチキチキさんがいいと思います(笑)
    というか既に変更されていますね~。

    2011年1月13日 at 3:00 AM
    返信
  6. チキチキ

    かずさん こんにちは

    先日はお疲れさまでした。
    こちらこそご一緒できて楽しかったです。
    私の実家が、かずさんの隣町で◯城地区消防署の近くです。
    (高校も◯城高校出身です)
    ◯北町にもいとこ夫婦が住んでいて、小学校の先生をやってます。

    やはり皆さん、どこか痛い所をお持ちなんですね。
    また、ご一緒出来る時を楽しみにしています。

    2011年1月13日 at 10:33 AM
    返信

Protected Image