ログイン

09
1月

難所ヶ滝【雪中格闘編】

Written by チキチキ. 2 comments Posted in: Trekking
Tagged with
Posted Date : 2011-01-09

【予定日時】1月8日 8:00 ~ 15:00
【予定ルート】竈戸神社 → うさぎ道 →  難所ヶ滝
→ 三郡従走路 → 仏頂山 → うさぎ道 → 竈戸神社



その日の天候・昨夜からの冷込み・雪の宝満山を見れば誰だって行きたくなります。

私は、氷瀑の難所ヶ滝を一度も見たことがなかったので、今日こそはチャレンジです。
自宅から自転車とまほろば号で竈戸神社に向かいます。

◯竈戸神社 8:00出発
まほろば号には数人の登山客の方々が乗車されており、
やはり今日のお天気と雪を楽しまれる方々と思われます。
レインコート・スパッツ・アイゼン等を整えて、
竈戸神社に山行の安全をお願いして出発です。

いざい出発です

◯うさぎ道・河原谷分岐 9:45着
一の鳥居までのウォーミングアップ程度の登り、
左の林道を少し降りうさぎ道へ入って行きます。
林道では既に下りて来る方がいて「お早いですね」と声を掛けると
「もっと早くから登っているか方がいましたよ」だって。
みんな気合は入ってるなぁ。

うさぎ道は巨石群が現れるまでは積雪10cm程度で、
昨日の晴れで「かき氷」程度に粗くなっていました。

ここら辺までは楽勝!楽勝!

途中で出会う人もなく、今日この道を上がっている人はいない様です。
宝満山からは朝日が上がってきました。

宝満山からの朝日が登ってきました

河原谷方面への分岐から河原谷コースへ出て難所ヶ滝を目指すのですが、

ここから雪との格闘が始まる

ココから雪との格闘が始まりました…

◯仏頂山 11:10着
分岐から河原谷コースへ行こうと思うのですが、
微かな足跡が有るだけで目印も解りません。
倒木を避けて迂回してると道を外れてしまい、腰まで深雪に埋ったり、
引き返したりを何度も繰り返すのですが、なかなか河原谷コースに出ません。
これ以上は危険なので、一旦従走路に出てから難所ヶ滝に向う事にして、
登山者が歩いた形跡を辿って上へ上へと登り、気が付いたら仏頂山に着きました。

(結局うさぎ道周辺をウロウロしていただけだった様です)
仏頂山に着いたときには正直ホッとしました。
登り始めから既に3時間が経過しています。

微かな足跡を辿るが、途中でロストする

倒木を避けると、道をロストして深雪にハマる

倒木の下を四つん這いで抜ける

途中の雪景色は綺麗だけどね

青空と朝日に輝く雪が綺麗ですね

やっと着いたぁ~

仏頂山ではスノーモンスターがお出迎えです

◯難所ヶ滝 11:50着
従走路を三郡方面へ向かい河原谷コースの分岐に出ます。

長崎鼻で見つけた雪まんじゅう?

昭和の森方面へ下って行きますが、どうも下り過ぎた様で
立ち止まって、耳を済ますと大勢の人の声が右手から聞こえてきます。
引き返してやっとの思いで難所ヶ滝に着きました!!

(いやぁ~苦労したぁ)
難所ヶ滝は人がいっぱいで、皆さん昭和の森から登って来られたのでしょう。
見事な氷瀑の難所ヶ滝を堪能しつつ30分程の昼食休憩を取ります。

いやぁー感動です

青空に氷瀑が映えますね

見事に成長した氷柱ですね

君は寒くないのかい?(再び三郡で出会いました)

◯三郡従走路 13:00着
従走路に向かって登っていると「おぉ」と言う声がして見慣れた方が!!
お師匠様toshiyanさんが下って来られました。
三郡の途中で引き帰される所でした。
ブログで「週末に難所ヶ滝へ…」と書き込まれていたので、
もしかしたら?会うかも?と思っていたら、本当に会いました。
toshiyanさんに別れを告げて従走路に着いて、三郡山方面から来た方に状況を尋ねると、
「普段の倍はかかりますけど50分程度で行けると思いますよ」との事
よし!!ここ迄来たら三郡山を目指そう!!

青空とのコントラストが映えますね

◯三郡山 14:00着
さすが三郡従走路です、とにかく綺麗です。
春・秋も素晴らしいが雪道も綺麗だ!!

素晴らしいの一言につきます

従走路はとても福岡県内とは思えません

日光で溶け出して頭から雪を浴びる事も

結構すれ違う人も多く、今日はみなさん美しさを満喫されたでしょう。
山頂は相変わらず風が強く寒い。
簡易食料とコーヒーを飲んで10分程休憩して、さぁ帰りましょう。
レーダードームの道を除雪作業されている方々がいらっしゃいました。

積雪は1mを越えています(作業の方が計測してました)

ここはいつ来ても風が強くて寒い

寒い中ご苦労様です

◯仏頂山 15:45着
途中の展望岩で、いつものようにWALKMANを取り出し、
今回は「モーツアルト交響曲25番第3楽章」を聴きながら
遠くに広がる福岡市内を、ぼぉ~~~っ見ていると、なんともリラックス!!

20分程小休憩して出発です。

福岡市内・ドーム・能古島まで見えます

おぉ既に15:30!早く下りないと暗くなってしまう、急ごう。
途中で道脇の深雪を見つけて↓こんな事をやってました。

人型が判りますか?

ついでに裏もやっときましょう

人が居ないの良く確かめて、エイッ!冷たぁ~~…
(子供みたいだね)
(注意:やる前には雪の深さと突起物が無いかストック探りましょう)
仏頂山を過ぎたら急いでうさぎ道を下りましょう。

◯竈戸神社 17:30着
朝と違って、数人の方が下りた足跡が有ったので迷う事は無かったとは言え
倒木の下を這いずったり、深雪に足を取られながらの下りで時間が掛かります。
途中で登って来る2人がいて、テント泊するそうです。
(いかにもベテランって方々でした。強者だぁ。)
一の鳥居に着く頃には腹が減って「体内の燃料が切れたぁ~」事を実感して、
竈戸神社に着いた時には「もう二歩も動けない」状態でした。
神社に無事下山出来た事にお礼を申し上げ、まほろば号で帰宅です。
ところが、太宰府天満宮付近は大渋滞!おかげで汗が冷えてしまって、
家に着いたのは18:30でした。

【実日時】1月8日 8:00 ~ 17:30
【予定ルート】竈戸神社 → うさぎ道 →  仏頂山 → 難所ヶ滝
→ 三郡山 → 仏頂山 → うさぎ道 → 竈戸神社

結局、休憩60分等を除くと、朝8時から8時間は歩いていた事になります。
いやぁ~やり尽くした!って感じです。
家に着くなり風呂に飛び込み21:00には寝ちゃいました。

気に入った写真をこちらに載せてます。

追記)
やっぱり雪は素晴らしい景色を演出してくれます。

Similar Posts:


[Print here click]

2 Responses

  1. いーさん

    HPを拝見させていただきました。物凄いですね(笑)時々拝見させてもらいます。また何処かの山を一緒に歩きましょう。そう言えば私の昔の部下に物凄く上手にプラモデルの車を作るのがいました。飾り物にしていましたが、いつの間にか子供が遊んで壊してしまいました。惜しかったです。

    2011年1月26日 at 8:58 PM
    返信
  2. チキチキ

    いーさん こんばんは。
    初めてご訪問頂きありがとうございます。

    模型作りは小学生の頃からやってますから、
    かれこれ30年以上はやってると思います。
    元来、手先は不器用ですが「物を作るのが好き」なので、
    下手の横好きが30年以上続いているのです。

    それにしても、いーさんの「体力と山好き」には尊敬します。
    年下の私が、山歩きの翌日に足腰がガクガクしている様ではダメですね。
    (早よ痩せねば!)
    また、ご一緒できる時を楽しみにしております。

    2011年1月26日 at 9:21 PM
    返信

Protected Image