ログイン

13
5月

PENTAX SPの分解修理【その1】

Written by チキチキ. No comments Posted in: Camera
Tagged with
Posted Date : 2017-05-13

昔から時計やラジオを分解修理するのが好きで、いまでも模型作りを続けてます。
そんな趣味も有ったりしますので、カメラの分解修理にも挑戦してみます。
ヤフオクで398円で落札したジャンクのPENTAX SPを分解修理して動かすのが目標です。

PENTAX SPの分解修理方法はネット上に沢山載ってますので、詳しくはそちらを参照して下さい。
ここでは、概要程度しか解説しません、ってかカメラのメカに詳しくないので解説出来ません。

分解するには、1.0mmから始まる精密ドライバーが有れば大体事足りますが、
どうしても、カニ目レンチと言う工具が必要になりますので、さっそく購入。

NEEWER® カニ目レンチ /カニ目スパナ/レンズレンチ  オープニングツール  多くのカメラに適用

特徴: 六個のネジホール、四個のスクルーロッキングデザインはクロスバーをより柔軟にします。 高品質の耐磁ステンレス鋼製です。 拡張されたヘッドデザインです。 尖ったチップ一つとフラットチップ一つがあります。 ほとんどのサイズのレンズに適用です。 パッケージ内容 1xカニ目レンチ


ネットの情報を参考に、適当にバラしていくと、大量の様々なネジや部品が出てきます。
分類していたつもりでも、途中で煩雑になってしまい、これでは組み立てる事は不可能です。
再度分類をやり直す為だけに、もう一台ジャンクを1円で落札してバラしながら分類し直しました。

分解の為に2台入手するはめに

分類しないと

キチンと分類

分解の途中途中で重要と思われる箇所をデジカメで記録しながら分解しました。

重要な部分は写真に残す

元に戻るでしょうかねぇ?

ここまで分解しました

次は、部品の洗浄と注油を行いたいと思います。

Similar Posts:


[Print here click]

0 Responses


Protected Image