ログイン

10
7月

SpamAssassin+Procmailでスパム対策

Written by チキチキ. No comments Posted in: Linux
Tagged with
Posted Date : 2010-07-10

自宅サーバーでは、SpamAssassinProcmailでスパムメールを
消し去ったり(/dev/nullへ)、各ユーザーのスパムメールフォルダへ配送している。
サーバーの基準値としては、/etc/procmailrcを記述して
サーバーがスパムと判断したメールは、有無を言わさず消し去っている。

</etc/procmailrcの内容>

ユーザーには$HOME/Maildir/.Spam/フォルダと、
$HOME/.procmailrcを予め用意して、
(userminを導入しています)
各人でレシピを記述してもらっている。

<$HOME/.procmailrcの内容>

これで、スパムは各ユーザーのスパムフォルダへ配送されるが、
スパムフォルダを放置するユーザーもいると思うので、
3日期限でスパムフォルダを毎日夜中に掃除している。

<スパムフォルダを掃除するスクリプトの内容>

-mtime +3 : ファイル更新が3日より以前のファイルを指定

Similar Posts:


[Print here click]

0 Responses


Protected Image