ログイン

03
5月

JORDAN 191【その1】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2019-05-03

歴代F1マシンの中でも美しいマシンのひとつとして人気が高い
ジョーダン191を作りたいと思います。

TAMEO TMK143 JORDAN FORD 191 BRITISH G.P.1991

シューマッハがデビューしたマシンでも有りますが、
今回は、デビュー前のイギリスGP仕様です。

JORDAN FORD 191 BRITISH G.P. 1991

パーツ量は少ないですね

美しいマシンです

マシンの特徴でも有るペンシルノーズですが、このキットでは少し太い印象で、
改造したい所ですが、今回はストレートに組みます。
(改造が面倒くさいだけ)
パーツの量は少なく、結構サクサク組めるんではないか?と思います。

03
5月

Williams FW08C【その16】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2019-05-03

Williams FW08C完成しました。
1/43を完成させるのは久しぶりで、振り返ると4年ぶりです。
久しぶりで手順を間違えたり、更に目の衰えを感じたり、手が滑ったり
悪戦苦闘した作品でした。
トップコートに「マルチトップクリヤーSH」を初めて使ってみたので
製品の素性が掴めず、水研ぎに失敗したりしました。
今回で製品にも慣れたので、次回は大丈夫でしょう。
今年は、4台は完成させたいと思っています。

03
5月

Williams FW08C【その15】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2019-05-03

最後の組み上げです。

フロントウィング・リアウィング・フロントサスペンション・タイヤを
角度を調整しながら取り付けて行きます。
ここでは、5分硬化のエキシポ系接着剤を使用しないと角度調整が出来ません。
真鍮角とノギスや旗金を使って固定します。

フロントウィングは、ボディに対して直角につく様に調整。

ボディに対して直角に

リアウィングは、左右に傾かない様に地面に対して垂直につ様に調整。

左右に傾かない様に

この頃のF1のフロントタイヤは、キャンバー角は付いてないので、
地面に垂直に、まっすぐ前を向く様に調整。

タイヤはまっすぐ前を

リアタイヤは、地面に垂直に、まっすぐ前を向く様に調整。

リアタイヤもまっすぐ垂直に

完全硬化するまで、旗金で固定して、しばらく放置です。

固まるまで固定

最後は、全体と隅々を確認して、タッチアップや磨きを掛ければ終わりです。

03
5月

Williams FW08C【その14】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2019-05-03

磨きが終わったので、小物類を組付けて行きます。

シートとインパネを組み込んだ後に、シフトノブを組み付けるのに
1時間程格闘してました。

コックピット周り

バックミラーにはアルミ箔を貼ってミラーを表現しました。

ミラーはアルミ箔

ロールバー・キルスイッチ・給油口を組み上げます。

けっこう面倒くさい

カウルファスナの再現に0.9mmリベットを差し込みました。

カウルファスナの再現

0.9mm平リベット

0.9mmは、ちょっと大き過ぎたかな?

苦手なウィンドスクリーンの切り出しは、ある程度ナイフで切り出して、
リューターで調整して、クリアグリーンを塗りました。

苦手な作業

綺麗に出来ました

小物類の組付けが終わったので、次は最終の組み上げです。
なんとか、連休中には完成しそうです。

02
5月

Williams FW08C【その13】

Written by チキチキ. No comments Posted in: 1/43 Car's
Tagged with
Posted Date : 2019-05-02

ウレタンクリア「ロックペイント・マルチトップクリヤーSH」を吹きました。
今回は、インターバル10分で4回吹きです。
1回目は砂吹で、2.3回目は普通に吹いて、4回目はたっぷりと吹きました。

ウレタンクリア吹きっぱなしの状態

ウレタンクリア吹きっぱなしの状態

ウレタンクリア吹きっぱなしの状態

ポッテリとテカテカな状態になりました。
硬化時間は24時間でも大丈夫ですが、念の為に72時間置いてから、
#1500→#2000の順でペーパーを掛けて、表面を均しました。

フラットに研ぎました

いったん艶消しになります

やっちゃいましたぁ!!!久々の研ぎで、一部下地までやってしまいました(T T)
別の所研いでたらソコにペーパーが当たってたんです。
リカバー作業が増えてしまいました。

やっちゃいました!

コンパウンドはスジボリ堂のシステムコンパウンド セットと
ハセガワのセラミックコンパウンドを使ってみました。

粗は使わないですね

2000番のペーパー掛けたら、1:粗は使う必要はなく、
1500番→2000番→2:細→3:極細→セラミックコンパウンドの順で磨きました。

いい具合です

しっとりした艶が出ました

映り込みも出てます

ウレタンクリアを吹いた直後のギラついた感じはなくなり、
しっとりした艶が出たと思います。

Protected Image